ガス給湯器の号数の違い|4人家族は24号が最適って本当?

 

鈴木設備社長の鈴木だ。

自分に合ったガス給湯器を選ぼうと考えた時、多くの人は「号数って何?」という部分で戸惑ってしまうのではないかと思う。

ガス給湯器で言うところの号数とは、簡単に言えば「燃焼能力」を表している数字で、号数が高ければ高いほど燃焼能力が高いということになるのだが、そもそも多くの人は「自分の家のガス給湯器にはどれくらいの燃焼能力が必要なのか」を把握していないだろう。

というわけで、ここではガス給湯器の号数の違いについて解説していく。

ここでは給湯器メーカー「ノーリツ」を例に解説していくが、基本的にはリンナイ等の他メーカーも同じなので参考にしてほしい。

 

スポンサーリンク

ガス給湯器の号数の違いとは?

  • 24号:水温+25℃のお湯を1分間に24リットル出湯する能力
  • 20号:水温+25℃のお湯を1分間に20リットル出湯する能力
  • 16号:水温+25℃のお湯を1分間に16リットル出湯する能力

冒頭にも書いたように、ガス給湯器の号数とは「燃焼能力」を指している。定義は上記の箇条書きの通り「水温+25℃のお湯を1分間に何リットル作れるか」だ。

 

家庭用の給湯器は「16号/20号/24号」の3パターンが主流で、他にも瞬間湯沸かし器や浴室設置のバランス釜なんかは号数が1桁だったりする。

また、病院や老人ホーム、美容室や厨房などに設置されている給湯器は30号以上だったり、50号という能力を持っていることも珍しくない。

 

つまり早い話が「家が大きい/家族の人数が多い/浴槽が大きい/お湯を使う機会が多い」という場合は、号数が高い給湯器を選ぶのが無難ということだ。

ただし号数はあくまで「1分間に作れるお湯の量」であるため、例えお湯を使う機会が多くても「同時に使う瞬間が少ない」というのであれば、そこまで高い号数にこだわる必要はないだろう。

台所でお湯を使いたいタイミングで誰かが入浴中(シャワーや追い炊きを使用)していることが多いというライフワークの場合は、高い号数の方が利便性が高い。

 

スポンサーリンク

4人家族は24号が最適って本当?

これはノーリツのオンラインカタログから抜粋したものであるが、24号の例に「4人家族」とある。そして20号は「夫婦2人」という例が挙げられている。

これを真に受けると「一人暮らしは16号、二人なら20号、それ以上は24号」が最適という印象を受けるのではないかと思うが、ハッキリ言ってここまでシビアに考えなくてもいい。

 

前項でも説明したように、号数はあくまで「水温+25℃のお湯を1分間に何リットル作れるか」であり、複数個所でお湯を同時に使用する機会が少なければ不便さはほとんど感じないだろう。

それに水温が深く関係してくるため、北海道や東北の寒い地域における冬場ならともかく、そこまで寒くない地域に住んでいるならここまでの影響を受けないことは想像にたやすい。

 

弊社は東北地方にて活動しているが、4人家族で16号の給湯器を使用している家庭もたくさんあるし、恐らく20号の給湯器を使用している家庭に新しく16号を取り付けたところで、違いに気付ける人はそんなに多くないのではないかと思う。

メーカーは少しでも高いグレードの物を売りたいと考えるのが自然なので、あくまで「号数が高い方が不便さを感じにくい」ということでこのように「3人以上は24号が最適」というプレゼンをしているが、これは聞き流しても問題ないというのが弊社の見解である。

 

スポンサーリンク

号数による金額の違いとグレードアップ(もしくはダウン)の不安事項

 

弊社でガス給湯器の交換見積もりを出した場合、結構な高確率で「今使っているものより低い号数にすることは可能か?」と聞かれることがある。

当然ながら号数が低い方が本体価格そのものは安くなるため、初期費用を少しでも抑えたいという場合は、号数のダウングレードを検討したいというユーザーも少なくないだろう。

 

確かに「これまでは24号のガス給湯器を使用してきたが、子供たちが自立して今は自分1人だから、16号に変えても不便しないのではないか」というようなユーザーの立場なら理解できるが、結論から言うと号数のダウングレードはおすすめしない

理由は2点。1つは「号数を下げても金額的にそこまでの恩恵がないこと」。もう1つは「号数を変えることで煙突の径が変わる可能性があること」だ。

 

  • 24号:357000円(税抜)
  • 20号:335000円(税抜)
  • 16号:307000円(税抜)

※ノーリツ製のGT-〇〇51AWX-FF-2 BLの本体価格を例に表記

 

上記はノーリツの給湯器の一部をカタログから抜粋したものであるが、同じ機種で号数だけが異なる3タイプの給湯器のメーカー希望小売価格である。24号と20号で2万2000円、20号と16号で28000円の金額差だ。

ここだけを聞くと「2万円~3万円の差は大きい!」と感じるかもしれないが、これはあくまでメーカー希望小売価格の差であり、本来はここから値引きがあるため、実際の金額差はもっと小さなものになるだろう。

激安販売店などであれば70%~80%くらいの値引き率は珍しくないため、30000円の金額差であっても6000円程度の差にしかならないことがあることは覚えておいて欲しい。

 

それから屋内設置タイプのガス給湯器であれば、本体から煙突が出ているはずだ。この煙突の径が号数によって異なるため、号数をダウングレードすると開口部の穴埋めが必要になる可能性が出てくる。

例えば「これまでは24号を使用していて16号に変えたい」という場合、これまでの煙突は径が太かったが、16号に変更すると煙突の出口(壁の穴)がスカスカになってしまい、隙間風などを防ぐための穴埋めをしなければならない。

この穴埋めの部材費や作業工料で、本体価格の6000円が使われてしまうなんてことがザラなのである。結局、トータル費用は変わらず、ただ「今後10年に渡って不便さを感じてしまうリスクだけを背負う」ということになりかねない。

 

というわけでガス給湯器の号数のダウングレードに関してはあまりおすすめしない。

もちろん屋外設置のガス給湯器で煙突の径を考えなくていい場合、使用者の数が減って不便さに対しての心配も必要ないという場合は、ダウングレードしてもリスクがない場合もあるから、このような場合は施工業者に相談してみることをおすすめする。

 

スポンサーリンク

最後に

カタログを見ていると色んな種類があって目移りしたりすると思うが、ガス給湯器の号数に関しては、これまでに明らかな不便さを感じているという場合を除き、現状維持でいいのではないかと思う。

そして20号で不便さを感じているからと言って、それを24号に変えれば不便さが解消されるという保証もない。多くのユーザーは「言われれば前より良くなった…気がする」くらいの感覚になるのではないだろうか。

いずれにしてもダウングレードでも経費が劇的に安くなるという事もなければ、アップグレードしても劇的に便利になるという大きな差でもないため、現状の満足度を踏まえて検討するのが最適だろう。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました