給湯器の据え置きタイプと壁掛けタイプのメリット・デメリット

給湯器の据え置きタイプと壁掛けタイプ メリット・デメリット

すずき設備社長の鈴木だ。

給湯器には据え置き用(床置き用)と壁掛け用がある。もしかすると自分の家で使用していない方のタイプについては「そんなのもあるの?」と驚くユーザーがいるかもしれない。

そしてこれから給湯器を購入しようと考える人の中には「据え置きタイプ(床置きタイプ)と壁掛けタイプのどちらが良いのか」で悩む人がいるのではないかと思う。どちらにも良い部分と悪い部分があるから、単純に「今までと同じタイプの物を…」というのは、なんだか勿体ない気がするぞ。

以下では「給湯器の据え置きタイプと壁掛けタイプのメリット・デメリット」について解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

スポンサーリンク

給湯器の据え置きタイプと壁掛けタイプのメリット・デメリット

据え置きタイプ(床置きタイプ)給湯器のメリット

ハッキリ言って、据え置きタイプにはほとんどメリットが無いように思う。ただし現場によっては据え置きタイプから壁掛けタイプへの変更が困難である場合があり、このような場合は変更しないという判断が最善という場合もある。

それに石油給湯器のセミ貯湯タイプを選択する場合は、最初から据え置きタイプしか選択肢がない(壁掛けタイプのセミ貯湯式給湯器がない)。

セミ貯湯式の給湯器は井戸水ユーザーからは非常に人気が高く、耐久性に優れている給湯器だ。セミ貯湯式の給湯器を使いたいという場合は、据え置きタイプ一択となるだろう。

関連記事セミ貯湯式石油給湯器のメリット・デメリット|安価で丈夫が特徴!

 

それ以外の項目に関しては、据え置きタイプが壁掛けタイプに勝っている項目はほとんど無いように思う。本体価格にもほとんど差がないし、故障率の差もほとんど無い。

つまり「壁掛けタイプのメリットが全て床置きタイプのデメリットになる」ということが言える。それでは次に壁掛けタイプのメリットについて挙げていこう。

 

壁掛けタイプのメリット

  • 設置スペースを有効活用できる
  • 燃焼音が小さい(石油給湯器の場合)

設置スペースを有効活用できる

壁掛けタイプの給湯器は床がデッドスペースにならないというのが大きなメリットだ。給湯器は多くの家庭で洗面所に付いていることが多いと思うが、この時に壁掛けタイプの給湯器なら、覆い被さるような位置に洗濯機などを置いても問題ないことが多い。

しかしこれが床置きタイプの場合だと、近くに置くと言っても隣同士に設置することになり、どうしても設置スペースを取られてしまう。

それにエコタイプでも無い限り、排気筒はかなり熱くなる。もし小さい子供がいる場合、床置きタイプの煙突なら興味本位で触ってしまう可能性があるが、壁掛けタイプなら手が届かないから火傷のリスクもグッと減るはずだ。

燃焼音が小さい(石油給湯器の場合)

壁掛けタイプの石油給湯器は、床置きタイプの石油給湯器に比べて燃焼音が小さい。理由は壁掛けタイプの給湯器と床置きタイプの給湯器で採用しているバーナーが違うからだ。

壁掛け給湯器の多くは灯油をガス状にしてから燃焼するというバーナーを採用しているため、燃焼音が非常に小さく作られている。

近所にすごく神経質でうるさい住人がいるという場合、床置きタイプのバーナーの燃焼音でトラブルになったというケースに立ち会ったことがあるが、その現場では壁掛けタイプの給湯器に交換することで事なきを得た。

 

据え置きタイプの石油給湯器の燃焼音は非常に大きいが、壁掛けタイプについてはガス給湯器のように燃焼音が小さくなっているため、据え置きタイプから壁掛けタイプに変更した多くのユーザーが驚きを隠せないほどである。

ユーザーに特にこだわりが無いというのであれば、多くの現場で壁掛けタイプをおすすめしたい(状況によっては床置きタイプの方が取り付けやすいとかはあるかもしれない)。

鈴木社長
鈴木社長

ただし燃焼音が小さい石油給湯器は、リモコンの電源をいれてもすぐにお湯が使えるというわけではなく、お湯が使えるようになるまで1分ほど待たなければならないから注意してくれ。

スポンサーリンク

ガス給湯器や屋外設置型給湯器の場合はどちらでもOK

据え置きタイプと壁掛けタイプの差が出る部分は、あくまで石油給湯器の場合と屋内設置型給湯器の場合である。ゆえにガス給湯器や屋外設置型給湯器の場合は、特に気にする必要もないだろう。

それに屋内設置型給湯器であっても「給湯器を設置するための個室(ボイラー室)がある」という場合、生活スペースを圧迫していることもないだろうから、この場合も特に気にする必要はない。

スポンサーリンク

最後に

基本的には「石油かガスか」「エコか従来型か」で悩むことはあっても、据え置きタイプと壁掛けタイプで悩むケースは少なく、今までと同じタイプを選択することがほとんどだ。

設置状況によっては落とし込み(低い位置に落とし込むようなカタチで設置されている)という場合もあるため、このような場合なら壁掛けタイプにしたところでスペースに関する恩恵はないと思うし、ガス給湯器ユーザーや屋外設置型の給湯器を使用している人にはあまり関係がない話だろう。

特にこだわりがない場合、石油給湯器なら燃焼音の小さい壁掛けタイプがおすすめだ。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました