石油給湯器の寿命と耐用年数を多くのユーザーが勘違いしている事実

 

すずき設備社長の鈴木だ。

様々な情報が流れているインターネット上ではあるが、給湯器の寿命に関しても様々な説が謳われている。

それこそ10年だとか15年だとか…20年と書いているサイト運営者もいるんじゃないか。読者からしたら、どれが本当の情報なのか悩んでしまうことだろう。

 

実際に給湯器の寿命と言うのは、使用頻度などにも左右されてくるから一概には言えない部分が大きい。しかしながら「大雑把にでもいいから」ということで知りたいというユーザーも少なくない。

そこで今回は石油給湯器の寿命/耐用年数について、誰でも分かるように解説していく。

 

スポンサーリンク

直圧式かセミ貯湯式かで寿命は変わる

 

まずは石油給湯器の中にも直圧タイプとセミ貯湯タイプの2種類が存在するというところから始めなくてはなるまい。

簡単に言うと水圧が強いのが直圧式、水圧が弱いのがセミ貯湯式だ。セミ貯湯式は単に貯湯式と言ったりもする。

自分が使っているものがどちらか分からないという場合は、以下のリンクを参考にして欲しい。

 

「どちらの給湯器がいいか?」と聞かれたら、多くの人は「水圧が強い方」と答えるだろう。確かに使い勝手は直圧式の方が遥かに優れている。

しかし、機器寿命にスポットを当てると話は別だ。直圧タイプの方が本体価格は高い傾向にあり、寿命・耐用年数は短くなる傾向が強い

 

スポンサーリンク

直圧タイプの機器寿命は7年~10年

 

まず初めに言っておきたいのだが、多くの人は給湯器の寿命を10年と思っているらしい。電化製品の多くは、おおよその目安が10年と言うからな。

実際に家を建てて10年にもなれば、あちこちがイカれてくるし、これについては頭ごなしに見当違いとも言い難い。

 

ただ、正確に言うなら7年~10年という表現が最も的確で、メーカーの人間はこうやって言ってくるし、弊社でもそう感じている。

そもそも大家族と一人暮らしとで、同じ機器寿命にされちゃたまったもんじゃないが、一般ユーザーに対して「着火回数が○○万回で~」と言っても理解できないだろう。

 

もちろん状況によって短くも長くもなることは言わずもがな、あくまで一般的な家庭の場合は7年~10年の範囲内に収まることが多く、10年使えて当然というものではないと考えていい。

 

ちなみに給湯器の寿命に関しては、こちらの記事が最も詳しく書かれていたように思うから、ぜひ参考にしてくれ。

外部リンク 給湯器 寿命

 

スポンサーリンク

貯湯タイプの機器寿命は直圧タイプよりも長い

 

一方でセミ貯湯タイプに関しては、直圧タイプよりも長持ちする傾向が強い

理由としては構造がシンプルだし、割と騙し騙し使えるような不具合が多いからだ。

 

例えば壁掛けタイプの直圧タイプなんかだと、バーナーに搭載されているサーミスタなどの一部の部品が壊れたとしても、その構造上、バーナーを一式で交換せざるを得ない。

たまに「バーナー丸ごとじゃなくて壊れた部分だけ直せ」と簡単に言ってくるユーザーもいるが、それをやると部品代が2万円安くなる代わりに作業料が3万円上がるような内訳になるぞ。

 

ちなみに石油給湯器の壁掛けタイプだと、予熱が必要な気化式バーナーというものを使っているのだが、こいつが結構壊れやすく、部品代としても高いと言わざるを得ない金額になっている。

その時点である程度の使用年数になっているだろうから、このタイミングで新しい給湯器への買い替えを検討するユーザーが非常に多い。

石油給湯器の「予熱」とは?意外と知らない給湯器の仕組み

 

話が脱線してしまったが、セミ貯湯タイプであれば部品を交換しなくても、ちょっとバーナーを掃除してやれば使えるようになることも少なくない。

パイプ接続部分のパッキンを交換してやるだけで水漏れが止まるという不具合も多く、直圧タイプに比べると修理費用も安い傾向にある。

故障しにくいというのも当然あるが、どちらかというと故障しても簡単に直せる不具合であることが多いと言っていいだろう。

 

直圧式の石油給湯器で修理無しで10年持つ機械というのはあまり見ないが、セミ貯湯式の石油給湯器が修理無しで10年持つというパターンはそこまで珍しくないように思う。

直圧式の給湯器が無故障で12年使用できたと聞けば長持ちしたような気がするが、セミ貯湯式だったら別に珍しいとも思わないからな。

 

スポンサーリンク

寿命を迎えた機器は大人しく買い替えた方が吉

 

ユーザーの中には「業者は新しいものを売りつけたいから、直せるものも直さない」という人がいる。

確かに客の不安感を煽って買い替えの話に持っていくことも珍しくはないが、弊社では1使用期間が10年にもなるような給湯器は、大人しく修理した方が利口だと考えている。

 

理由としては、やはり10年近くにもなったような給湯器は、次から次へと別の箇所が悪くなることが容易に想像できるからだ。

修理に必要な費用が1万円~2万円程度で、ダメ元で修理をしたいというなら無理に止めたりはしないが、10万を超えるような大金をはたいて修理しているユーザーを見ると不憫に思う。

 

業者にもよるが、安い所を探せば定価40万円ほどの給湯器が、取付料込みで20万ちょっとになったりもするから、10万かけて修理をするよりかは買い替えた方が安心できるだろう。

 

スポンサーリンク

最後に

生き物と違って修理できる分「どこまでを寿命とするか」という部分で意見が分かれると思うが、いくら修理ができるからといって5万以上の金を投資しなきゃいけないような状況を「修理ができるから寿命じゃない」と言うのには無理があるだろう。

 

石油給湯器の寿命/耐用年数は大体7年~10年くらいで、貯湯タイプについてはこれよりもちょっと長くなると考えていい。ぜひ参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました