暖房ボイラー、暖房機能付き給湯器の機器寿命について

すずき設備社長の鈴木だ。

冬になると暖房機を使用するという人も多いと思うが、意外と「暖房ボイラーの寿命が分からない」という人が多いということを知った。

暖房ボイラーの寿命が分からないだけならいいのだが、人によっては「給湯器の寿命が10年なら、暖房機は冬しか使わないから4倍?」という意見もあったので、微力ながら当ブログで訂正させていただく。

今回は「暖房ボイラー、暖房機能付き給湯器の機器寿命に関する話」だ。

給湯器の機器寿命は7年~10年

給湯器の機器寿命は7年~10年と言われている。

関連記事ガス給湯器の寿命/耐用年数について簡単に説明しよう

季節に関係なく動く給湯器に対し、冬~春先にかけてしか使用しない暖房ボイラーは。給湯器と比べてもっと長持ちするんじゃないかと考えている人が意外と多かったのだが、多くのユーザーは給湯器よりも長時間、暖房ボイラーを動かしてはいないだろうか?

雪国なら、給湯器は1日に2時間以内の稼働時間でも、暖房機は日中ずっと付けているという家庭も少なくないと思う。

基本的にボイラーの機器寿命は、年数よりも稼働時間や燃焼時間に深く関係してくるため、1日に何時間動いているかで判断して欲しい。

1日1時間の使用なら40年持つのか

前項のように「使用時間を考えてくれ」というと、中には「じゃあ給湯器と同じ時間しか使用しなかったら、使用するシーズンが1/4の暖房ボイラーは給湯器よりも4倍長持ちするのか?」と言ってくるユーザーもいるが、理論的にはそうなる(あくまで理論的には)。

ただし実際には循環液の劣化分なんかも考えられるし、実際に使用していなかったとしても経年劣化は進むものであるから、そう極端に機器寿命が延びるということはないだろう。

車が1日〇kmの走行距離で△年持つとして「1日〇/4kmの走行距離なら△×4年持つか?」と聞かれたら、多くの人は「それはちょっと違う」と思うのではないだろうか。

暖房機能付き給湯器の場合

一方で、暖房機能付き給湯器という物も存在する。

この場合の機器寿命がどうなるかと言うと、基本的には「給湯器全体での判断になる」と思ってもらえればいい。

ただし、ガス給湯器の場合だと「給湯側暖房側で部品がそれぞれ分かれている(バーナーなどの主要部品も2つ搭載されている)」というケースが多く、それぞれが独立していることも多いため、例えば「暖房機能付きだけど、暖房はほとんど使わない」などの場合なら「給湯機能は劣化しているけど、暖房機能は新品そのもの」というケースも無いことはないだろう。

ただ、冷静に考えてみてもらうと「東京で使用している場合と北海道で使用している場合で、同じ機器寿命になるということは考えにくい」という部分も頭に入れておいてくれ。

やはり給湯器や暖房機の機器寿命は、年数ではなく使用時間で考えるべきだし、あくまで平均で見れば7年~10年ということになるはずだ。

最後に

暖房機も暖房機能付き給湯器も、機器寿命に関しては大差ないと思ってもらっていい。

一応、メーカーの設計基準では「給湯器は毎日1時間、暖房機は毎日8時間の使用」となっている。

理論上は「暖房機も1日1時間しか使用しなければ、給湯器の8倍長持ちする」ということになる。試したことはないが、あくまで理論上であるから実際には無理だと思うな。

興味のある人は、ぜひ試してみてくれ。