ガス給湯器の寿命/耐用年数について簡単に説明しよう

すずき設備社長の鈴木だ。

今回はガス給湯器の寿命/耐用年数について簡単に説明する。

メーカーの見解は7年~10年

仕事上、メーカーの人間とやり取りすることも多いが、多くのメーカー側の人間は給湯器全体の寿命を7年~10年と言ってくる。

そして、そこには石油だからガスだからという区別はしていないことが多い。

…が、俺の中では石油給湯器とガス給湯器の機器寿命が同じだとはどうしても思えない。

理由としては、石油給湯器の中にも直圧タイプと貯湯タイプという2種類が存在し、この両者で明らかに機器寿命が変わってくるからだ。

石油給湯器の寿命/耐用年数について多くのユーザーが勘違いしている事実

この2つを一緒くたにしている時点で、ガス給湯器の機器寿命も7年~10年というのは無理があるような気がしている。

ガス給湯器の寿命は10年くらいか

設備業界に足を踏み入れてから20年以上になる俺の見解では、ガス給湯器の寿命は石油給湯器の寿命より長い傾向にあると思っている。

そしてそれを年数にするのであれば、10年くらいと言ってもいいのではないだろうか。

石油給湯器(特に直圧タイプ)の場合は、10年持って当然という目で見られるのはやや厳しい感じがある。

しかしガス給湯器に関しては、暖房機能のない機種であれば故障無しで10年使用できる機械もそこまで少なくないイメージだ。

もちろん1つ1つの現場でデータを取って統計をまとめたということはないが、ここには明らかな差があると確信している。

号数によって寿命に差は無い

家庭用ガス給湯器には16号/20号/24号の3種類があるが、これの区別によって機器寿命が大きく変わってくるということはない。

号数が高い方が燃焼能力が高いということになるが、それに伴って部品そのものの耐久性が上がっているのかもしれないな。

とは言え部品自体の大きさが違うということはなく、違う部分といえば「ノズルの大きさ」だけのような気もしなくもない。

やはり給湯器の機器寿命はあくまで「燃焼時間や着火回数」などに大きく関係するということであり、燃焼能力の高低には大した影響を受けないのだろう。

機能の複雑さによって寿命は変わる

これは当たり前と言えば当たり前なのだが、昨日が複雑であれば複雑であるほど機器寿命は短い。

「単機能>給湯+風呂追い炊き機能>給湯+風呂自動湯張り機能>給湯+風呂+暖房機能」と言っていいだろう。

ただお湯を作れるだけのガス給湯器と、お湯も作れて風呂も沸かせて暖房までできる給湯器の機器寿命が一緒なわけがないというのは、誰でもちょっと考えたら分かるのではないかと思う。

機能が多ければ多いほど、トータル的な燃焼時間も増えるだろうしな。

暖房機能付きなら住まい環境にも左右される

給湯器には暖房機能付きの物が存在する。例えば東京と北海道では、そもそもの暖房の稼働時間は大きく変わってくると言えるだろう。

給湯器の寿命は本来であれば使用時間で考えるべきであり、簡単に年数でくくれるようなものではない。

今回は暖房機能を挙げて地域性に例えたが、早い話が「一人暮らしの家と大家族の家では同じ寿命なわけがない」という話である。

ここから分かるように重要なのは稼働時間であり、年数でくくるのは難しいということだ。

最後に

上の方で「ガス給湯器の寿命は10年くらい」と書いたが、これはあくまで「給湯器脳+ふろ機能」の場合の平均値がこれぐらいだと思うという指標である。

実際には使用状況に大きく左右される部分があるから、たくさん使えばこれより早くなるだろうし、あまり使用しなければこれよりも長くなる可能性は十分にあるだろう。ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク