風呂の温度がぬるいと感じたら循環フィルターをチェックしろ

すずき設備社長の鈴木だ。

風呂関連のトラブルで非常に多いのが「風呂の温度がぬるい」という症状である。

設定温度に到達する前に追い炊きが止まってしまうという場合、もしエラーが出ていないというのであれば、給湯器本体ではない別の所に原因があることが多い。

以下では「風呂がぬるいと感じたら、修理を依頼する前にチェックするポイント」を幾つか紹介しよう。

風呂温度の仕組み

まずは簡単に、風呂温度が決まる仕組みについて説明しておこう。給湯器からは風呂配管が2本出ている。それぞれ往きと戻りだ。

往きは給湯器で温められたお湯がお風呂へと向かう配管、戻りは給湯器のお湯を温めるためにボイラーに向かう配管である。

この2本が浴槽の外側で循環金具に接続され、それが浴槽の内側ではフィルターというカタチになっている。

金具の種類にもよるが、手を当ててみたりよく観察してみると「風呂の水を吸う穴と温められた水が出てくる穴は違う」ということがわかるだろう。

風呂の水は、給湯器の循環ポンプによって給湯器に呼びこまれる。

そして、温度を測定されてから給湯器で温められ、再び浴槽に送り出される。

この時、測定された温度が設定温度であれば給湯器が停止するという仕組みだ(厳密に言えば若干違うが、ここでは簡単に説明する)。

風呂がぬるいのに止まる理由

風呂温度の測定が間違っている

給湯器には、浴槽から吸った水温を計るサーミスタと呼ばれる部品がある。

これは簡単にいうと「水温計のようなもの」と思ってもらっていい。

このサーミスタで検知している温度が間違っていれば、風呂がぬるいのに止まる/風呂が熱いのに止まらないということが考えられるだろう。

ちなみにサーミスタにはエラーが搭載されているが、温度変化によって抵抗値が変わるような簡単な部品であるため、よほどおかしな温度を検出したりしない限りはエラーが出ないことも多い。

しかしながらサーミスタは単純な構造である部品であるため、そう簡単に壊れることはないだろう。

俺がこれまで見てきた現場では、給湯器の本体内部で水漏れしていてそれがサーミスタにかかって壊れた場合を除けば、サーミスタが故障したという現場は見たことがない。

給湯器で温めたお湯をそのまま吸っている

エラーが出ていないような状況で「風呂がぬるいのに停止する」という症状であれば、この手の症状が1番多いような気がする。

簡単に言うと「給湯器で温められたお湯が上手く循環できていない」という場合だ。

循環金具(浴槽のフィルター)は、給湯器で温められたお湯を循環させるためにある。

しかしこれが何らかの原因によって「風呂で温められたお湯が浴槽側に出ずに、そのまま戻り配管に入って給湯器に戻ってしまう」という現象が起こることがある。

単純な部分で言えば「循環フィルターをしっかり取り付けていない」という場合は、このような症状になることが多い。

あとは循環フィルターを掃除していないせいでゴミがびっしり付いているというような場合でもこのようなことが起こる。

あとは単純に循環金具が劣化しているということも考えられるだろう。

「給湯器は2回くらい交換しているが、お風呂のフィルターそのものを交換したことは1度もない」というユーザーも意外と多い。

浴槽内の循環金具も、基本的には給湯器の交換スパンと同じくらいで交換していくのが望ましいと言われているため、それそのものを交換してやらないとダメな場合は循環金具の交換が必要だ。

金具自体は物にもよるが、商品そのものは1万円弱~2万円くらいで、あとはそれに作業料が掛かるという感じである。

最後に

「追い炊きをしても設定温度になる前に勝手に止まる」「風呂自動湯張りをして完了メッセージが流れたのに明らかにぬるい」というような、エラーが確認できずにお風呂のお湯がぬるいという場合は、給湯器の故障でないことも多い。

特にフィルターの手入れ不足なんてことはよくある話だから、修理を依頼する前に絶対にチェックするべきだろう。ぜひ、参考にしてくれ。