給湯器のエラー632は風呂循環不具合|まずやるべきことはこれだ!

給湯器のエラー632は風呂循環不具合|まずやるべきことはこれだ!

すずき設備社長の鈴木だ。

風呂に入ろうと思って「ふろ自動/追い炊き」を行ったら、なぜかエラー632を出した状態で給湯器が停止していたという不具合は、非常に多い。

このエラー632というのは循環不良系の不具合なのだが、給湯器が故障しているケースもあれば、ユーザー側に原因があるケースもあり、後者なら簡単に直せる可能性もある。

以下では「給湯器のエラー632が出た時の原因と対処法」について解説していこう。

給湯器のエラー632が出る時に考えられる原因

給湯器の風呂回路では、循環ポンプが動作して「給湯器の中と浴槽内のお湯をグルグル回す」という動作をしている。これが何かしらの原因で上手くいっていない場合はエラー632を出すことが多い。よくあるのは循環フィルターのゴミ詰まりだ。

循環フィルターは「風呂配管内に浴槽内のゴミが入り込まないようにしているフィルター」のことで、循環アダプターと呼ばれてたりもしている。エラー632を出す場合はこのフィルターに原因があるケースも少なくない。

  • 循環フィルターのゴミ詰まり
  • 循環金具の劣化、故障
  • 給湯器の循環ポンプ/湯張り電磁弁/循環判定スイッチの故障
  • 風呂の栓を忘れて湯張りをした場合

考えられる原因は山ほどあるが、給湯器そのものの故障と同じくらい「ユーザー側の不手際が原因になっているパターンが多い」とも言えるだろう。

筆者の経験上、機械に原因があるパターンとユーザーに原因があるパターンは半々くらいと言っても過言ではないくらい、給湯器に問題があるというケースが少ない不具合だと言える。

給湯器のエラー632が出た時の対処法

循環フィルターの清掃

循環フィルターというのは、浴槽内についている上記のような部品のことだ。

製造メーカーによっても形状や素材、色が異なるため、上記画像とは似ても似つかない循環フィルターを使用しているという家庭も多いだろうが、基本的には「お風呂を追い炊きした時に、温められたお湯が出てくるところ」という認識で構わない。

こいつに髪の毛などのゴミがびっしり詰まっている場合だと、浴槽内と給湯器の間でお湯が上手く循環することができず、エラー632を出してしまうケースが多い。

フィルターは簡単に外せることが多いが、中にはネジ止めされていて簡単に外せない物があったりするから、これを外す場合は外したネジが排水口に落ちて行かないように注意してくれ。

鈴木社長
鈴木社長

本来であれば外側のフィルターでゴミは食い止められているはずだから、ビスやネジを外してまで掃除する必要はない。以下に循環フィルターの掃除方法の一例を掲載しておくから参考にしてくれ。

※ちなみに場合によってはエラー632じゃなくてエラー252というケースもある。

ノーリツ製の給湯器でエラー252が出たら|ふろ水流スイッチ異常

追い炊き配管の清掃

滅多にないが、もしフィルターにゴミ詰まりがあって、それを掃除したけど改善しないという場合、給湯器の内部までゴミが侵入している可能性がある。

ゴミなら直接取り除く必要があるが、もしヘドロなどによって配管の径が狭められ、それによって循環能力が低下していてエラー632を出しているというケースなら、追い炊き配管を清掃してやることで改善するかもしれない。

この場合は、市販されている配管洗浄剤を使うのが有効的だ。

ただしこれが有効なのは「追い炊きボタンを押してから、しばらく動作した後にエラー632が出る」というケースであり、追い炊き動作時にフィルターに手を当てると循環している手応えが感じられるという場合のみである。

まったく循環しないほど詰まっているというような場合は、追い炊き配管そのものを新しくしたり、プロに配管を洗浄してもらう必要があるかもしれない。

「お風呂配管、追い炊き配管」の掃除方法|プロに任せて安心清潔!

冬場は追い炊き配管が凍結の可能性あり

雪国に住んでいるというユーザーの場合は、追い炊き配管が凍結しているせいで上手く循環が行えていないというケースも考えられる。

この場合はエラーが出て故障だと思ったから給湯器の修理業者を呼んだものの「凍ってるだけ」と言われ、それを解凍するのも難しいということから出張料だけ取られてしまうというケースも少なくない。

冬場で凍結の疑いがある場合は、暖かくなるまで待ってもらうか、後は浴室の温度を暖房で上げるなり、給湯で熱いお湯を作って浴槽に入れたりすることで改善する可能性がある。浴室乾燥機があるならそいつを作動させて様子を見るとか、簡易ストーブを脱衣所あたりに置いて浴室全体の温度を上げてみるといいだろう。

石油給湯器の標準タイプを使用している場合

石油給湯器の標準タイプを使用していて、普段は浴槽を空にしているという場合、ふとしたことがきっかけで配管内の呼び水が抜けてしまい、配管内が空気で満たされてしまってエラー632ということがある。

お湯はり機能があればふろ自動ボタンを押すだけで改善するが、標準タイプだとお湯はり機能がないため、呼び水作業を行う必要があるだろう。呼び水作業はメーカーに限らず、一般的な設備屋・水道屋なら出来るから頼んでみるといい。

冬期間は浴槽にお湯を貯めておくのが望ましい理由

給湯器にエラー632の原因があった場合の修理費用の目安

エラー632は使用環境や使い方が原因で発生するケースが多いエラーではあるが、もちろん給湯器自体の故障や劣化によって引き起こされるケースもある。

  • 循環ポンプ交換:35000円以下
  • 循環ポンプ調整:10000円以下
  • 循環スイッチ清掃:10000円以下
  • 湯張り電磁弁交換:20000円以下

大体の目安はこんな感じで、フィルターにびっしりゴミが詰まっていたという場合であれば、循環スイッチに髪の毛などが詰まっていてエラー632を出しているケースが多い。

この場合は循環スイッチの分解清掃で直ることが多く、これなら比較的軽度な故障と言えるだろう。費用にすると出張料を含めて10000円以下で済むことも珍しくない。

一方で循環スイッチに留まらずに、ポンプまでゴミ詰まりをしていたという場合は厄介だ。酷い現場だと熱交換器の風呂回路が詰まっていたりもして、風呂回路の部品を複数交換が必要になるケースもある。

これらの場合は、日頃からしっかりと清掃していれば発生しなかった不具合とも言えるから、普段から清潔に使用するように心掛けて欲しい。

最後に

エラー632に関しては、ちょっとしたことが原因で発生することもあり「1回だけエラーが出て止まったけど、その後は何事もなく使用できている」というケースも多い。

もし頻発するようであれば「何かしらの不具合が出ていて、故障の前兆であるケース」も考えられるから、その時は早めに修理依頼をした方がいいだろう。早めに修理対応できれば、トータル的な修理費用も安く済むかもしれない。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました