給湯器のリセットは危険?メーカーがリセット方法を公開しない理由

 

すずき設備社長の鈴木だ。

細々とやっている弊社のブログにも、毎日給湯器に関する情報を求めて読者が訪問してくれているのだから本当にありがたい。

ちなみにブログを運営していると「どんな検索キーワードで訪問したか」などの情報が見られるのだが「給湯器 リセット」とか「給湯器 リセット方法」というキーワードで当ブログに訪問する人が結構いることに気が付いた。

給湯器のリセット方法と言えば「コンセントリセット」のことを指しているんだろうと思うが、正しい知識のないまま無闇に給湯器のリセットを行うことはおすすめしない。以下ではその理由と根拠について書いていこうと思う。

 

スポンサーリンク

給湯器のリセット方法「コンセントリセット」とは?

 

給湯器にはエラーが出てしまった時のリセット方法が2つほど存在する。1つはリモコンの電源を切ること、そしてもう1つが給湯器への電源供給を遮断することだ。

大半のエラーは給湯器リモコン(操作モニター)の電源を入り切りすれば復旧するようになっているのだが、ごくまれに「リモコンの電源の入り切りで消えないエラー」が存在する。しかし給湯器本体のコンセントプラグを抜き差しすれば、そのエラーを消せることがあるのだ。

もちろんコンセントリセットが有効なこともあるが、多くの場合で逆効果であることが多く、場合によっては更なる故障に影響しているケースも少なくない。

 

スポンサーリンク

コンセントリセットが有効な場面

 

コンセントリセットが有効な場面としては、一時的に給湯器が動作できなかった場合、かつ原因が一時的なものだとハッキリしているケースだ。例えば「地震などによってガスメーターでガスが遮断されていて、それに気付かず給湯器を使用してしまった」などの場合である。

この場合、給湯器を動かそうと思ってもガスが来ていないんだから点火することができない。ガス給湯器は何度か点火動作に入るが、何度やってもダメな場合はエラーを出して停止する。この場合のエラーは「11、あるいは110」というエラーになるだろうが、この段階では給湯器リモコンの電源入り切りで復旧するだろう。

 

問題は、この時の原因が分からないまま、何度も何度も給湯器を点火動作させてしまうことだ。ガスメーターでガスを復旧させてから挑戦すればいいのだが、それに気付かず何回も給湯器を動作させてしまことで、何度もエラーを出してしまう。

これが一定数続くと、給湯器の機種によってはエラーがロックされ、リモコンの電源を切ってもエラー番号が表示されてしまうという事態になるのだ。

その後、ガスコンロを使おうとしてガスコンロも付かないことに気が付き、メーターでガスを復旧させてきたとしよう。しかし給湯器でエラーがロックされているような状況下では、原因が解決されたにも関わらず試運転が出来ないことになってしまう。

ここでコンセントリセットを行い、エラーがロックされた状態を解除するという使用方法なら問題ない。でなければ、原因が解決した給湯器の点検修理に業者を呼ばなければならず、出張診断料を取られてしまうからな。

 

スポンサーリンク

コンセントリセットがダメな理由

メーカーでは給湯器のリセット方法を案内していない

 

筆者が某メーカーに勤めていた頃は、エラーが出て困っているというユーザーに対してリセット方法は案内しないという方針だった。今はどうかは分からないが、少なくとも取扱説明書には記載されていないし、コンセントを抜くような案内をしているのはあくまで雷が鳴っている時だけである。

筆者自身は自分で対応してしまうため、現在コンタクトセンターでどんな案内をしているのかを断言することは出来ないのだが、少なくとも給湯器にはコンセントリセットしてはいけない場面があり、それを現場を見てもいないコンタクトセンターの人間に判断できるとは思えないから、無闇にコンセントリセットを勧めるということはないんじゃないかと思う。

 

コンセントリセットがダメなケース

 

ここで、コンセントリセットをすることで被害が拡大してしまうケースについて説明しておこう。

例えばファンモーターという部品の出力が弱まっていて、給湯器の燃焼に必要なだけの空気が確保できていないという症状の場合、恐らくちょっと燃えてから120や12というエラーを出して止まることになると思うが、これを何度も何度もコンセントリセットをして動かしてみるとどうだろう。

無理な状態で何度も動作させることによって、不完全燃焼の回数と時間だけが増え、結果的に「あれもこれも交換が必要だ」という被害拡大に繋がりかねない。

 

上の方で紹介したような「燃料供給が停止していただけのパターン」なら、何度も点火動作に入ったとしてもそこまでの影響はない(石油給湯器の場合なら電磁ポンプの空回りなどはあるだろうが)。

ただし、ちゃんと理由があってエラー制御している場合に、それをユーザーの方で解除してしまうのは得策とは言えないのではないだろうか。もちろん仕組みを理解して使用する分には全く問題ないのだが、ネット上には様々な情報が蔓延していて、どのサイトも正しい情報ばかりを教えてくれるとは限らない。

少なくとも「給湯器 リセット方法」と調べているような状況であれば、悪いケースの可能性もあるから、出来ることなら然るべき相手に相談してほしいと思う。

 

スポンサーリンク

最後に

コンセントリセットを繰り返したせいで修理費用が大きくなってしまったという現場を何件も見たことがあるから、給湯器を無闇にリセットすることはあまりおすすめしない。

エラーの理由、状況がハッキリしていて、「このエラーを解除すれば普通に使えるようになる」という確信があればやっても問題ないだろうが、とりあえずやってみようというノリであればリセットしない方が無難だぞ。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました