「給湯器の修理はどこに依頼すればいい?」の答え

 

すずき設備社長の鈴木だ。

一般ユーザーの悩みとして「給湯器の修理はどこに依頼すればいい?」というものがある。確かに給湯器が故障することなんて滅多にないから、初めての故障の際は戸惑ってしまうかもしれないな。

結論から言うと「賃貸物件なら管理会社か大家、持ち家ならメーカーサービス」というのが1番失敗のない方法である。ただし、正解は人やシチュエーションによって異なる場合があるため、以下で詳しく解説していきたい。

 

スポンサーリンク

「給湯器の修理はどこに依頼すればいい?」の答え

給湯器の修理はメーカーサービスしかできない

 

例えば、ケーズデンキで東芝のノートパソコンを購入した場合、そのパソコンが壊れたらどうすべきかという悩みに近いのではないかと思う。

この時ユーザーは「購入したケーズデンキに相談するか、直接メーカー(東芝)に相談するか」で悩むのではないかと思うが、このケースで言うケーズデンキに相談した場合の多くは、最終的にメーカーに修理依頼がいくことになるだろう。

 

給湯器も基本的には一緒である。リンナイのガス給湯器を購入する場合、直接リンナイから購入する人はまずいないだろう。大半の人は近所の水道屋、設備屋、工務店、あるいはガス会社に取りつけてもらったはずだ。

しかし、これらの施工店は「給湯器の交換作業はできるが、中身の修理はできない」のである。最近は機械が複雑化しているため技術的な問題もあるが、1番は「メーカーが直接契約しているメンテナンス業者以外には部品を売らないようになった」というのが1番大きい。

すなわち「給湯器を交換したい」のであれば、取り付けてくれた業者に再度相談するというカタチでもいいが、「給湯器を修理したい」というのであれば直接メーカーに相談するのが最もコスパの良い方法だ。

 

メーカーに依頼したい時はどうすればいい?

 

「メーカーに依頼すればいいのは分かったけど、その連絡先は?」と思う人がいたら、各メーカーの公式サイトを見るか、給湯器の取扱説明書を見て欲しい。

そこにはアフターサービスやメンテナンスの項目だったり、「もし故障かな?と思ったら」という項目が用意されているはずだ。上記画像はリンナイの公式サイトであるが、1番上にお客様サポートの項目があり、その中に「修理のご相談」という項目が用意されている。

以下に各種メーカーの公式サイトURLを用意しておくから、ぜひ参考にしてくれ。

 

 

メーカーに直接依頼することのメリット

 

メーカーに修理依頼をすると、メーカーと直接メンテナンス契約を結んでいる修理業者が訪問してくれる。

リンナイに直接修理依頼したからと言ってリンナイの社員が修理してくれるというわけでなく、あくまで「リンナイと契約しているメンテナンス会社」であるか注意してくれ。そして基本的には、この人たちでなければ給湯器内部の修理は不可能だ。

 

ここに依頼することで以下のメリットがある。

  • 修理の金額が最低限で済む
  • 修理の完了日数が最短で済む

 

もし間違った連絡先(仮にA社とする)に修理依頼をした場合、A社では修理ができないため、A社がメーカーに連絡することになる。場合によっては、A社が一旦現場を見に来てからメーカーに修理依頼をすることになるだろう。

この結果、本来の修理依頼をするまでに時間がかかってしまい、最短で修理するのに時間的なロスが発生してしまう可能性が出てくる。お湯が使えなくて困っている時、修理の日程が1日延びてしまうだけでも痛いのではないだろうか。

 

そして場合によっては、A社がメーカーを手配したのであれば、メーカーの直接的なお客さんはA社ということになり、修理の見積もりもA社に向けて出すことが多い。

例えば3万円の修理費用が発生するとして、その見積もりをメーカーがA社に対して出した時、果たしてA社はいくらでユーザーに請求するだろうか。

A社も現場に顔を出しているなら出張料や点検料を貰う口実になっているし、仮にメーカーに仕事を回しただけでも仲介料という名目で費用を請求できるだろう。

 

スポンサーリンク

メーカーに依頼する場合の注意事項

町の水道屋、設備屋の中には「出張料、点検料は無料」と謳っている所も少なくないが、メーカーサービスを呼ぶ場合は原則として出張診断料が発生する。

もちろん「保証期間内の修理で、保証の条件を満たしている場合」はこの限りではないが、通常の修理であれば見てもらうだけで5000円前後の料金が発生すると思った方がいい。

 

あとは「本当に給湯器の故障かどうか」という判断が正確でなければ、自己責任になってしまうという点も大きい。分かりにくいと思うので例を出すと「シャワーのお湯がぬるい」という症状の時に、果たして本当にそれが給湯器の不具合かどうかという話だ。

シャワーにはサーモが搭載されていることが多く、このサーモが壊れている場合も「シャワーがぬるい」という症状になりやすい。この状態でメーカーに修理依頼をし、来てくれた業者が「給湯器は正常で、シャワー水栓のサーモ部品が故障している」という診断を下したとしよう。

シャワー水栓と給湯器メーカーが一緒なら問題ないが、もし給湯器がリンナイ製でシャワー水栓がTOTOだった場合、ユーザーはリンナイのメンテナンス業者に出張診断料を払ったうえでTOTOに再度依頼し直さなければならないだろう。

給湯器の修理依頼で間違った業者に連絡しないように注意

 

スポンサーリンク

賃貸物件の場合は、管理会社や大家など然るべき場所に連絡すること

 

賃貸物件の場合は、基本的には自分の判断で業者を手配するのではなく、管理会社や大家など家賃を支払っている先の判断を仰いだ方が無難だ。

多くの賃貸契約において、生活設備の修繕費用が入居者に請求されるケースはないだろうから、お金を払う人間が業者を選定する権利があるし、そうした方がトラブルが少なくて済む。

 

そもそも入居者がそれをやってしまうと、修理をした時に「こんなに費用がかかるなら買い替えたかった」などと言われてしまうかもしれない。

このようなトラブルを回避するためにも、月々決まった家賃を支払っているという場合は、然るべき連絡先に報告してから指示を待った方がいいだろう。

賃貸物件に住んでいるユーザーは給湯器が故障したらどこに連絡すべきか

 

スポンサーリンク

ネットで業者を探すなら詐欺に注意

 

給湯器が故障した場合、「もう年数も年数だし、買い替えた方がいいかも…」と思う場合もあるだろう。もし買い替えに心が動いているのであれば、何もメーカーじゃなくても問題はない。

ただし、最近は水道屋によるぼったくり被害の相談件数が増えているようだから、なるべく複数業者を頼って比較・検討するといいだろう。

こんな業者に注意!水のトラブルに関する注意喚起

 

 

ちなみにこれは某「水のトラブルはお任せください」と広告している業者の公式サイトの一部を抜粋したものであるが、あたかも給湯器の修理もできるというようなニュアンスでアピールしている。

細部を見ると、給湯器の修理とは言っても「水漏れ修理」に限定され、しかも「給湯器の外側の修理」に限られている。これは注意深くホームページを見ていないと分からないから、何も知らずに連絡してしまうユーザーも多いのではないかと思う。

 

 

ここも「給湯器の故障」で悩む人に向けた項目のはずなのに、案内されているのは給湯器の交換だ。つまり鼻から修理をする気がなく、買い替えを案内する気しかないのである。

別にこれはこれで問題はないのだが、給湯器の故障で困っている人に対する案内としては、やや不親切な気がしないでもない。

もちろんこの水道業者が詐欺だと言うつもりは一切なく、こういうような勘違いしやすいホームページも少なくないから、ネットで業者を探す際は十分に注意して欲しいということだ。

 

スポンサーリンク

最後に

修理ならメーカーに直接依頼するのが無難だ。最も「世話になっている信頼できる設備屋がいる」というのであれば、そこを頼ってもいいだろう。

しかし「どこに依頼すればいいか分からない」という場合は、ネットで探したり、広告や冷蔵庫のマグネットを見て連絡するよりも、メーカーを頼った方がトラブルは少ないと思うぞ。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました