給湯器の買い替えで「従来型にするかエコタイプにするか」で悩んでいるユーザーにアドバイスを送る

すずき設備社長の鈴木だ。

最近は何かとエコと騒がれているが、多くのユーザーにとっては「地球に優しいかどうかよりも、自分の財布に優しいかどうかの方が気になる」のではないだろうか。

以下では、その辺も含めて「従来型にするかエコタイプにするか」を悩んでいるユーザーの背中を押したいと思う。

従来型とエコタイプの大きな違い

従来型とエコタイプの大きな違いは、給湯器内部の構造である。

簡単に言うと「燃費を良くするために部品点数が増えている」と言っていい。

これによって燃料費は節約できるようになっているが、給湯器本体がややサイズアップしているのと、部品点数が増えたことによって壊れる箇所が増えたという見方もできる。

それから、従来型と比べてドレン配管と呼ばれる配管を1本施工しなくてはならない。

これが屋外タイプの給湯器なら大きな問題にはならないことが多いだろうが、屋内タイプの場合は床に穴を開けて、床下でドレン配管と排水管を繋げるという作業が必要になる。

ユーザーによっては「そこまで大袈裟な工事になるなら従来型で良かった」という人もいるため、注意して欲しい。

エコタイプのメリット・デメリット

基本的にメリットは燃費が良くなったことであり、デメリットは初期費用が高いという一言に尽きる。

上の方でも軽く触れたが、燃費を良くするために構造が複雑になったということもあり、従来型に比べると壊れやすいという側面もあるんじゃないかと思う。

ただこれに関しては、まだエコタイプの給湯器が市場に出回ってから十分だと言えるほどのサンプルが集まっていないため、現時点では俺の想像にしか過ぎない。

ちなみにエコタイプのメリット・デメリットについては詳細を別記事にまとめてあるから、詳しく知りたいという読者はそちらを読んでくれ。

石油給湯器のエコタイプ「エコフィール」のメリット・デメリット

ガス給湯器のエコタイプ「エコジョーズ」のメリット・デメリット

ガスならエコタイプ、石油ならどちらでも

俺が実際に「従来型にするか、エコタイプにするか」で悩んでいるユーザーに送っているアドバイスは「ガスならエコジョーズ、石油なら従来型でもエコフィールでもどっちでもいい」というものだ。

ガス給湯器に関しては、ガス自体の燃料費が石油よりも高いということもあり、燃費の良さによる節約効果が非常に大きい。これを見逃す手はないだろう。

仮に機器寿命が短くなっていて故障率が上がっていたとしても、エコジョーズなら本体価格も従来型の価格と比べてそこまで大きな差はないし、金銭的に得になるケースが多いはずだ。

一方でエコフィールの場合はと言うと、燃費が良くなったと言っても大した節約効果は見込めないのが現状である。

コロナのホームページに記載されている内容によると、年間で7000円前後の灯油代の節約になると書いていたが、その割には本体価格が高いし、故障率がアップしていることを考えるとお得になるケースばかりとは言えないだろう。

このような理由から、俺は「ガスならエコジョーズ、石油ならどちらも変わらない」という考えで機種選定をしている。

エコ給湯器を選ぶ際の注意点

かつてメーカー主催の新商品説明会に足を運んだことがあるのだが、どこのメーカーでもエコタイプには力を入れていて良いことばかりしか言わない。

弱みを見せるとしたら初期費用の高さくらいで、それについても「何年か使用すれば元は取れる」の一辺倒だ。俺はこれが怪しいと睨んだ。

そして最近はもうエコタイプの給湯器も10年前後の機械が出てきたわけであるが、ハッキリ言って従来型と比べると修理費用が高い。

そして現時点ではわずかながらにも故障率が高いような気もする。

極めつけは中和器の存在で、中和器とは給湯器のドレン(酸性の排水)を中和してから捨てるという役割を持っている部品なのだが、これには使用制限時間が設けられているのだ。

つまり給湯器を使っている限りは、一定時間で交換が必要な部品があるということになる。

運が良ければ10年以上修理無しで使用できるという時代はもう終わったと言ってもいい。

実はこの手のトラブルが後を絶たず「買う時に説明を受けてない」というクレームが非常に多い。

燃費の良さに釣られてホイホイ購入してしまうと、このような形で足元をすくわれてしまうことも十分に考えられるため、このようなデメリットがあるという点については注意しておこう。

最後に

本当に自信のある商品ならデメリットも全て曝け出した状態で「それでもメリットの方が遥かに上回っている」という説明をして欲しいものだが、良いことしか言わないメーカーや業者が多すぎる。

そしてこの手の事案は「言った・言わない」の水掛け論になることが多い。

俺は「ユーザーに伝わっていないということは、分かるように説明していない業者の過失だ」と思っているが、それにしても良い部分しか見ていないユーザーも多すぎると感じている。

当ブログの読者には損をして欲しくない。ぜひ、参考にしてくれ。