石油給湯器のエコタイプ「エコフィール」のメリット・デメリット

 

すずき設備社長の鈴木だ。

最近は、オール電化やエコに対する注目度が高まってきている。特にエコジョーズの伸びは圧巻の一言だ。

新築現場では電気温水器、エネファームを採用する家庭も増えてきたし、十数年前と比べると間違いなくユーザーにとっては選択肢が増えていると言っていい。

 

そして石油給湯器ユーザーにとって気になるのは、高効率石油給湯器「エコフィール」と言っていいだろう。

そこで今回は、石油給湯器のエコタイプ「エコフィールのメリット・デメリット」について分かりやすく説明していく。

 

スポンサーリンク

高効率型石油給湯器:エコフィールとは?

 

エコ○○について

最近流行りの燃費が良いエコタイプの給湯器であり、ガス給湯器はエコジョーズ、石油給湯器はエコフィールと呼ばれる。

ちなみにエコキュートという名前を聞いたことがあるかもしれないが、あれは全くの別物だ。

 

エコフィールの仕組み

コロナ エコフィールの仕組み

 

なぜ燃費が良いのかという話を簡単にしておこう。

簡単に言うと「今まで捨ててた排気を、更に熱交換してから捨てよう」という仕組みにしたのが高効率ボイラーだ。

 

従来型の煙突から出される排気ガスは、約200℃で非常に熱い。煙突を手で触ったり、排気に対してずっと手をかざしていると火傷をしてしまうレベルだ。

しかし、そんな火傷をしてしまうような200℃もの気体なら「そのまま捨てずに水を温めるのに使えるんじゃないか?」というのがエコの試みである。

 

そのため、エコフィールの煙突は触ってもぬるいことが多く、今までのように火傷しそうなほど熱いことはない(だからと言って不用意に触らないでくれ)。

 

スポンサーリンク

エコフィールのメリット

燃費が良い

コロナ エコフィールの仕組み

 

コロナのホームページから引っ張ってきた資料によると、年間で約6700円ほどの灯油料金が浮く計算らしい。

ただし色んな状況が噛み合って算出された数字であるし、そもそもの灯油消費量が少なければ節約できる量も少なくなるため、ユーザー全員がこうなるわけではない。

 

ちなみにこう聞くと聞こえはいいが、エコジョーズだと1万円以上の金額を節約できると各メーカーが算出している。

これまでは石油給湯器の方が燃費が良かったが、いよいよコストパフォーマンス面において、石油給湯器とガス給湯器が逆転する日も近いかもしれないな。

 

自然に優しい

排気を取り込んで効率を良くしたため、トータル的な燃焼時間が大幅に削減され、結果として二酸化炭素の削減効果もあるようだ。

コロナのホームページに書いてある情報によると、1年間で約200kgの二酸化炭素が削減できるらしい。

 

今の日本にどれだけ自然のことを考えている人がいるかについては不明だが、いずれは自分たちの首を絞める問題にも繋がっていくし、エコの風潮はもっと強くなっていくだろう。

 

スポンサーリンク

エコフィールのデメリット

本体価格が高い

ハッキリ言ってガス給湯器ほど安く購入できないのが石油給湯器なのだが、しかもエコになったからと言って節約できる金額の目安も年間で約7000円ときた。

これは10年使ったと仮定しても、従来型の給湯器との金額差が7万円以上だったら損をする計算になってしまう。

 

というか、損得勘定でエコフィールを取り付けるのはあまり上手くない。

ハッキリ言って従来型よりも高い金額がかかるため、金額的に得をしようと思っているのであれば、下手すると従来型の方が安く済むんじゃないかとさえ思っている。

 

最近は従来型とエコフィールの価格差が大きく縮まり、本体価格だけに注目するとそこまでの価格差はなくなった。

 

設備費用が掛かる

エコタイプにはエコタイプ専用の排気筒がある。

一定条件下では従来型の排気筒を使うことも許されているが、もしエコタイプ専用の排気筒を施工するとなれば、排気筒本体価格が10000円~15000円くらい高くなる

 

それからエコタイプの給湯器には、ドレン配管と呼ばれる配管を1本増やさないとならない。もし屋内タイプであれば、家の床に穴を開けて床下で排水管と繋げなくてはならないだろう。

従来型の給湯器ならただ本体を入れ替えるだけでも問題ないが、従来型からエコタイプに移行する場合は別途工事が必要だ。

 

修理費用が掛かる

これについてはエコフィールがどうこうというよりも「新しい機械に多い傾向」と言うべきかもしれないが、従来型における新作は、これまでの集大成となるのに対し、エコフィールについてはまだまだ発展途上である。

つまり予期せぬ不具合が起こる可能性があるという言い方もできるだろう。

 

それから、エコフィールには中和器という部品が搭載されており、これは一定時間使用することで必ず交換が必要になる

年間7千円ほどの灯油が節約できるということだったが、この中和器の交換で15000円程度の修理費用が発生するため、燃費で得できるかどうかというのがいよいよ怪しくなってきたと言えるだろう。

 

スポンサーリンク

最後に

弊社では今のところ、基本的にエコフィールはおすすめしていない。

もちろん商品に対する説明はするが、好意的な説明はしていないし、多くのユーザーが従来型もしくはガスへの乗り換えをしている。

 

メーカーは「年間7000円ほど灯油の節約ができる」という謳い文句で誘ってくるかもしれないが、そんないいことばかりではない。ぜひ、参考にしてくれ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました