石油給湯器の中古製品を使うのはリスクが高いからおすすめしない

すずき設備社長の鈴木だ。

たまに給湯器の買い替え説明をしていると「中古はないのか?」と聞かれることがある。

あることはあるんだろうが、基本的にはおすすめしないし、健全な設備屋なら中古品の取り扱いは行っていないだろう。

今回は、その理由を書いていく。

中古製品を取り扱っても旨みが無い

まず給湯器に限らず、多くの商品に言えることだが、電化製品はしばしばジャンク品扱いにされることがある。

例えばパソコンなんてのは、部品を取るような目的でジャンク品を購入する層も多い。

しかし給湯器を購入する場合に、部品を取るような目的で購入する層は少ないだろう。

多くのユーザーは「初期投資を抑えて使えるようにしたい」という目的なんじゃないかと思う。

その目的を果たすためには、新品よりも明らかに安い金額で提供できるようにしなければならないわけだが、実際のところ給湯器は一般ユーザーが想像しているよりも高くない。

その結果どうなるか。「中古製品を取り扱うことが割に合わない」となるのだ。

中古ボイラーはハイリスク・ローリターン

例えば車なんかは中古車を取り扱っている業者も多いが、それは十分な利益を見込めるからである。

新品で買えば100万円を超えるような車なら、ほどほどの走行距離で状態が良ければ50万円以上で売ることも十分に可能だろう。

一方で2年使った給湯器を販売する場合、そこそこ良い状態で定価の半額だったとして売れるだろうか。答えはノーである。

例えば給湯器なんてのは、販売業者によって新品の購入価格は大きく変わる。

この人が30万で買ったから半額でいいと言ったところで、その販売価格は15万となる。15万円の中古ボイラーを買って、それをプロに取り付け依頼をすれば20万円だ。

新品で買ったら30万円のボイラーを20万円で買えるとなれば、もしかしたら買うという人がいるかもしれない。

しかし取付業者は保証を付けないといけないだろう。これが割に合わないのだ。

車なら定期的にメンテナンスしても利益が見込めるが、給湯器を定期的にメンテナンスする手間に比べて利益が少なければビジネスとして成り立たない。

メンテナンスせずに販売してすぐに故障してしまうような事態になれば、ユーザーは激怒するだろう。

中古ボイラーの仕入れ先がない

実は俺も買い替えになった給湯器から生きている部品を集めて、動く給湯器を作ったりもしている。

しかし、これを人から金を取って取り付けるという気にはならないし、前項に書いたような理由からもリスクが高すぎると思う。

第一、販売するには安く仕入れなければならないわけだが、給湯器を手放してくれるユーザーがどれだけいるだろうか?

家を売る場合は給湯器も付けて売るだろうし、もし手放すとすれば「もう十分使って壊れる前に新しいものを買おうと思った」というユーザーくらいではないかと思うのだが。

車と違って、普通に使える給湯器を二束三文で手放してくれるユーザーがいないというのも、このビジネスが成立しにくい理由と言ってもいい。

まして給湯器なんて安く買おうと思ったら、7割引きや8割引きで買えるんだからな。

最後に

一応この記事を書くにあたって、ヤフオクを覗いてみたら非常に安い給湯器が多数出品されていた。

そして中には最低落札額こそ設定されていたが、入札数も二桁入ってて、結構盛り上がっていたように思える。

確かに普通に買ったら20万くらいするものが5万円くらいで買えるならいいような気もするが、給湯器は実際に配管につないで動かしてみないと動くかどうかはわからない。

生活必需品なんだから、中古に逃げるよりかは少しでも安い新品を探す方に力を向けることをおすすめする。ぜひ参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク