暖房ボイラーの不凍液は自分で補充できるか

すずき設備社長の鈴木だ。

冬が近くなって暖房ボイラーを動かす時期になると、必ずと言っていいほど「不凍液不足のエラー(E-043)」が多発する。

そしてユーザーによっては取扱説明書を読んで、その原因が不凍液不足だと気が付いたら「自分で不凍液を足せるんじゃないか?」と考える人も出てくるだろう。

今回は「不凍液不足のエラーが出た時に、自分で不凍液補充ができるかどうか」について説明していこう。

半密閉式なら不凍液補充は誰でも可能

暖房ボイラーの配管には「密閉式」と「半密閉式」の2種類がある。

単純に「密閉されているかどうか」という話なのだが、もし半密閉式なら誰でも不凍液補充が可能だ。

密閉式か半密閉式かの判断についてだが、基本的に密閉式の場合は配管に圧力を計るゲージが付いていたり、膨張タンクという大きな金属のタンクが取り付けられていることがほとんどだ。

あとは暖房ボイラー本体には窓のような部分が付いていて、そこから白いタンクが見えると思うが、ここに少しでも不凍液が入っているなら半密閉式だし、何も入っていない(不凍液が入っていた形跡が一切ない)なら密閉式という判断でもいい。

ただし、施工業者やユーザー自身が密閉式なのを知らずに間違って補充してしまった場合は、この限りではない。

不凍液補充の注意点

不凍液は絶対に混ぜないこと

不凍液と一口に言っても、各メーカーごとに色も違うし、性能も成分も違う。

これらは同じ不凍液という名称だが、決して混ぜてはいけない。

ノーリツ製のボイラーならノーリツの、コロナ製のボイラーならコロナの不凍液を使っていて当然と考えると、痛い目に遭うことがある。

以前にも自分で足したことがあるという場合は問題ないだろうが、もし何の不凍液を使用しているかが分からないという場合は、施工業者に確認した方がいいだろう。

運転中、あるいは運転してた状態でラジエーターキャップを開けないこと

自分で補充できるタイプの半密閉式であれば、暖房ボイラー内のリザーブタンク(濁った白色のようなタンク)に入れれば、本タンクの量が減ったらそっちからしっかりと引っ張ってくれる。

たまにラジエーターキャップを開けて、直接本体に入れようとする人がいるが、もしさっきまで暖房ボイラーが稼働していたという状態なら、とんでもない大惨事になるから注意してくれ。

どうなるかと言うと、消防車から噴出される水のような勢いで、熱くなった不凍液が噴出するだろう。火傷もするし、ボイラーが置かれている部屋も不凍液まみれになるのは間違いない。

足してばかりではなく、何年かに1回は総入れ替えをすること

不凍液は消耗品であるから、足りなくなったら足すということを何年も繰り返していると、元々の不凍液はどんどん劣化していく。

取扱説明書には3年に1度総入れ替えをしてくれと書かれているくらい、少なくとも5年に1度は総入れ替えをして欲しいと思うのだが、これを理解していないユーザーも多い。

古い不凍液は凍るようにもなるし、配管を腐らせる可能性も出てくる。

給湯器内の配管が腐るだけなら、それを交換してやればいいだけの話だが、万が一「家の中の暖房配管に穴が空いた」となれば、修繕費用も桁違いになってくるだろう。

3年に1回というのは費用がかかりすぎのような気もするから、最低でも5年に1度は不凍液の総入れ替えをしてくれ。

最後に

密閉式の場合は不凍液の補充にポンプが必要になるから、素人には補充は難しいだろう。

しかし半密閉式なら、誰でも補充が可能だ。もしかするとメーカーを呼んでも、費用を取られない可能性もあるというくらい非常に簡単な作業だから、もしやり方が分からないなら、業者を手配した時に作業内容を見ておくといい。

ぜひ、参考にしてくれ。