直圧式の給湯器/ボイラーのメリット・デメリットについて

すずき設備社長の鈴木だ。

今回は「直圧式の給湯器/ボイラー」のメリット・デメリットについて書いていく。

直圧式の給湯器/ボイラーとは?

石油給湯器には大きく分けて直圧式とセミ貯湯式の2種類が存在している。

大きな違いは水圧の強さで、簡単に言えば「水圧が強い給湯器が直圧式」だ。

普段から直圧式の給湯器を使っている人は「お湯の蛇口を全開にした時と水の蛇口を全開にした時の水圧が一緒」であるから気付かないかもしれない。

しかしこれがセミ貯湯式の場合だと、明らかにお湯の蛇口を開けた時の水圧が弱いのだ。

もし「うちはセミ貯湯式だった」という人がいたら、以下の記事を読んで欲しい。

セミ貯湯式の給湯器/ボイラーのメリット・デメリットについて

それからガス給湯器を使っているユーザーについては、この直圧式に該当する。

直圧式の給湯器/ボイラーのメリット

水圧が強い

見た目通りに多くの人は気付くだろうが、水圧を弱めることなく使用できるため水圧が強い。強いというか減衰していないというべきだろうか。

シャワーなんかだと「水圧が強くないと嫌だ!」というユーザーもいるだろうが、そういう人は直圧式の給湯器を採用した方が無難だろう。

設定温度通りのお湯が作れる

直圧式の給湯器はリモコンでお湯の温度を1℃単位で設定できる

38℃なら38℃、41℃なら41℃のお湯がしっかり作れるというのは大きな利点と言っていいだろう。

これがセミ貯湯式の給湯器ともなると、1~7までの数値で温度調整をしているため、40℃のお湯を出したいと思ったら、ユーザー側で水を混ぜて調整しなくてはならない。

壁掛けタイプが存在する

外置きの場合は問題ないかもしれないが、洗面所に給湯器を設置しているという人も多いだろう。

洗面所に給湯器を設置している多くのユーザーは「洗面所は少しでも広く使いたい」と考えるのではないだろうか。

そんな時に壁掛けという選択肢を持てるのは大きい。壁掛けタイプならスペースを有効活用できるからだ。

床置きだとデッドスペースが増えてしまうし、煙突周りで火傷してしまう恐れも出てくる。

壁掛けタイプの石油給湯器を探しているというユーザーは、直圧タイプ一択になるだろう。

湯張りが速い(湯張り機能付きの場合)

湯張り機能が付いているタイプの給湯器であれば、直圧タイプの方が圧倒的に早く沸き上がる

というか、セミ貯湯式の場合は湯張りに時間がかかりすぎるため、湯張り機能が欲しいというユーザーの場合はよほど大きな理由がない限り直圧式を選んだ方がいいだろう。

直圧式の給湯器/ボイラーのデメリット

金額的に高い

初期費用を少しでも抑えたいというユーザーにとっては頭が痛いかもしれないが、直圧タイプの方が本体価格は高い。

しかし、この先10年使用する物だと考えたら微々たる差なので、金額的な問題だけなら多少無理をしてでも妥協しないことをおすすめする。

貯湯式と比べると壊れやすい

言い方に語弊があるかもしれないが、あくまでセミ貯湯式と比べると故障しやすい/壊れやすいと言えるだろう。

しかしこれは、どちらかというと「セミ貯湯式が長持ちする」という意味だと思う。

「悪/良」ではなく「上/特上」のようなニュアンスだと思ってほしい。

壊れやすい原因の中には使い勝手が良い分、構造が複雑になっているということが挙げられるだろう。

やはりアバウトな温度でしかお湯を出せない給湯器と、設定した温度のお湯をバッチリだせる給湯器を比べてしまうと、どうしても後者の方が構造が複雑になるため壊れやすくなってしまう。

水質が悪い地域で使用しにくい

地下水や井戸水を使っているというユーザーなら、直圧タイプを使ってしまうとすぐに水漏れしてしまうことも珍しくない。

直圧タイプは水通路部がほとんど銅パイプで構成されており、ステンで構成されているセミ貯湯式と比較すると、水漏れに対する耐性は低いと言わざるを得ないだろう。

言い方を変えるなら「水質が悪い地域に住んでいるなら、セミ貯湯式をおすすめしたい」という言い方もできる。

少しでも安い方がいいということで妥協するのはおすすめしないが、水質関連の悩みを抱えている場合はセミ貯湯式の方がいいかもしれない。

最後に

水質的な制約がないなら直圧式をおすすめしたい。

使い勝手も良くて水圧も強く、これで慣れてしまったらセミ貯湯式には戻れなくなってしまうだろう。

俺はこれまでに多くのセミ貯湯式を直圧式に交換してきたが、多くのユーザーが満足してくれている。ぜひ参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク