給湯器の凍結防止にはリモコンの電源を入れておく必要はない

すずき設備社長の鈴木だ。

冬期間の凍結が怖くて、ずっとリモコンの電源を入れっぱなしにしているというユーザーがいるが、あれは電源を入れているから凍らないというわけではない。

以下では、給湯器の凍結予防について簡単に説明していく。

給湯器の凍結予防は自動

ユーザーの中には「リモコンの電源を入れておくことでヒーターが作動する」と思っているかもしれないが、そういう仕組みじゃない。

給湯器はリモコンの電源が入っていなくても、コンセントプラグが差さっていて通電さえしていれば、外気温によって勝手にヒーターが入ったり切れたりする

凍結させてしまった事例なんかでは、正月休みで実家に帰るという時に「何日も不在にするからブレーカーを落としていこう」と考え、通水している状態でブレーカーを落としたりするから凍結して大変なことになる。

もしくは通水も止めたが水抜きを忘れたという場合、給湯器内では凍っていないが給湯器外で凍っている場合などだろう。

いずれにしても、給湯器は凍結予防を考えてわざわざリモコンの電源を入れておく必要はない。

給湯器外で凍ってしまった場合

給湯器内では、ありとあらゆる金属部分に凍結予防ヒーターが取り付けられており、これは故障していない限りは外気温が低くなったら通電しているだけで作動する。

しかしこれは給湯器の内部だけの話であるから、給湯器を出てからの配管が凍った場合、あるいは給湯器に入る前の排水管が凍ってしまう場合というのは防ぐことができない。

それを防ぐには、給湯器を出てからの配管にも保温材やヒーターを巻く必要があるだろう。

最大の凍結防止は水抜き作業

ヒーターを作動させれば確かに凍らないが、今度は「ヒーターが故障した時に凍ってしまう」というリスクがある。

まぁ真冬の大寒波でタイミング悪くヒーターが壊れるというケースも珍しいと思うが、1番のリスク回避は「水抜き作業」だ。これは間違いない。

給湯器が空の状態なら凍るものがないからな。

水抜きをする場合に「氷止めを作動させるだけでOK」と考えるユーザーもいるが、それだけだと不十分である。

給湯器の水抜きは「給湯器内、配管内にある水を抜いてこそ意味がある動作」だからだ。

氷止めを動作させたら、蛇口を開けて給湯器内、配管内の水を抜くのを忘れないでくれ。

最後に

ブレーカーを落とすという時は注意が必要だが、ブレーカーを落とさずにコンセントが差さっていれば、とりあえずイレギュラーなことが起きない限りは給湯器内で凍結するということはない。

もっともイレギュラーなことを考え始めたら、何をしたって凍ってしまうことが予想されるがな。

どのみち凍結を心配してリモコンの電源を入れっぱなしにしておくことに意味はない。ぜひ、参考にしてくれ。