ホームセンターで家庭用ボイラーを購入する際の注意点

すずき設備社長の鈴木だ。

家庭用ボイラーの買い替えを検討しているというユーザーの中には、ホームセンターのチラシ/広告を持ってうちの会社に来る人も少なくない。

ハッキリ言って俺はホームセンターで家庭用ボイラーを買おうとするユーザーの気が知れないのだが、以下では「ホームセンターで家庭用ボイラー/給湯器を購入する際の注意点」について書いていく。

ホームセンターでの価格表記

俺は基本的に、工事費込みの金額を提示している業者は信用していない。

工事費込みで30万円としている業者は、やりやすい現場もやりにくい現場も一律の金額で仕事を請け負っているかと言ったら、それは大間違いだ。

やりやすい現場の最低金額を提示しておいて、もし少しでもやりづらいという一面があったら、それを理由に作業料を上乗せしてくる。

しかもそれをチラシや広告のどこかに小さく書いているのだ。

「現場状況によっては別途料金が掛かることがあります」と。

こんなもんは俺からしたら、3000円ぽっきりと言われて店を出る時にビール1杯3万円を請求されるようなキャバクラと大差ないと思っている。

そして俺の観測範囲にあるホームセンターは、どこも作業料で本体価格に5万円~4万円を上乗せしていた。

店員に尋ねてみたが「漠然とした金額でも分かってもらえることがお客様のためになると思って、こういう表示をしている」とのことだったが、俺の感覚では「分からないものは分からないということが真摯な対応ではないか」と思っている。

金額的にも決して安くない

一応、俺が見て回った5件ほどのホームセンターは、どこも金額的に安いということもなかった。

販売価格自体も決して安くなく、広告で見ると安く見えるというマジックは「貯湯式ボイラーや給湯専用のボイラーを上手く使う」というノウハウによるものだと思っている。

例えば家庭用ボイラーには貯湯式や直圧式という区分があって、石油給湯器なら3万キロと4万キロがあるし、ガス給湯器なら16号/20号/24号と種類がある。

ところがだ。一般のユーザーは「自分の家で使っている給湯器=給湯器」として考えてしまう傾向が強く、ふろ機能が付いているボイラーを使用しているユーザーが給湯専用のボイラーを見て「安い」と感じるケースも少なくない。

早い話が「家庭用ボイラーの購入で悩んでいるユーザーは金額しか頭にないことが多いから、能力的に劣っている安いボイラーの値段を提示することで、購買意欲を刺激してやろう」という魂胆が見え隠れしているように思った。

ボイラーはどこで買うのがいいのか

個人的には複数社から見積もりを取って、その中で金額的にも印象的にも1番良かった業者に決めればいいと思う。

ハッキリ言って技術料は安ければ安いほどいい仕事をするというものでもないから、金額だけで決めるとハズレを引いてしまう可能性もあるだろう。

取付作業料や細かい部材費用なんかは現場をみないと出すことは不可能である。

だったら複数の業者に現場を見てもらい、直接業者と話してみて検討するべきだろう。

実際に話してみることで、大まかに「この人に作業を任せたいかどうか」など、インスピレーションがあるのではないかと思う。

給湯器はどこで買うのが1番お得なのかについて説明する

最後に

俺は設備屋をやっているが、餅は餅屋だと思っている。

ホームセンターは幅広く商品を扱っている手前、ボイラーなどに関しても薄く広くという知識しか持ち合わせていないのではないかと思う。

それにホームセンターで購入したところで、ホームセンターから安く使われている業者が来て取り付けていくという展開も十分に考えられるしな。

金額的にも技術的にももっと優秀な業者がたくさんあるぞ。ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク