石油給湯器の工事費が金額的にどれくらいかの目安を教えよう

すずき設備社長の鈴木だ。

給湯器の交換工事を行う際に「工事費用がどれくらいなのか」を気にするユーザーは結構多い。

ここでは我が社での工事費の見積もり方法を簡単に説明する。

屋外タイプか屋内タイプかで工事費は変わる

屋外タイプの工事の場合

屋外タイプの多くは家の外壁に取り付けられていて、比較的簡単に交換作業ができるケースが多い。

部材費として配管カバー、排気カバー、凍結予防ヒータなどの費用が発生するパターンが考えられるが、取付工事費として見れば3万~4万くらいで請け負っている。

屋内タイプの工事の場合

屋内タイプの場合は洗面所などに取り付けられていることが多いが、たまに狭いボイラー室などに設置されていて、取付が容易でない場合もある。

例外を言い出したらキリがないため、ここでは「せいぜい洗濯機が邪魔になる程度の洗面所」に取り付けられている場合として考えよう。

屋内タイプの場合は屋外タイプの給湯器とは違い「排気筒/給排気筒の施工」が必要となる。

その分、少し多くの技術料を貰っているのだが、大体3万5千~4万5千くらいだ。

単機能か複合機能かでも変わる

例えばアパートなどに取り付けられているような蛇口からお湯を出すだけの給湯器と、暖房機能も付いている給湯器の施工費用が同じわけがない。

外置きの単機能の給湯器なら、作業がやりやすいのであれば2万円で引き受けてもいいくらいだが、外置きで作業がいくらやりやすくても暖房機能付きの給湯器となれば話は別だ。

暖房機能付きの場合は、主に配管洗浄なども行う必要があるため、どんなにスムーズにいっても通常作業+1時間は必要になる。

場合によっては特殊な機材も使うため、作業料は1万~2万ほど上がるのが妥当だろう。

工事費が上がる例外パターン

通常タイプからエコタイプへの取替

従来型の給湯器から高効率タイプ(エコフィール)への取替工事の場合、新たに配管を1本施工しなくてはならないため、少し多めの作業料を請求する。

外置きならあまり関係ないが、屋内タイプだと床下作業が必要になる場合があり、その場合は5千円は多く貰いたい。

狭いスペースへの取付

時に「なぜこんな場所に取り付けたのか」と思うような場所に取り付けられていることがある。

給湯器のフロントカバーも開けられないような狭いスペースでの作業となる場合、その程度に応じて工事費用を高くさせてもらうが、これも程度によって変わるとしか言えない。

これまでで1番酷かった現場では、ずっとしゃがんでなければいけないような狭さのスペースだったが、この時は確か1万くらいの上乗せで引き受けたような記憶がある。

高所作業の場合

決して多く見られるパターンではないが、高所に取り付けられている場合も追加料金を貰うことにしている。

その高さにもよるが、5尺までの脚立でカバーできるなら0~1万の上乗せだ。

これまでに8mの高さの場所に設置されている給湯器の交換依頼を引き受けたこともあるが、その時は高所作業車を手配しての作業となり、その費用が確か3万ほどだったな。

当社が作業料に2万乗せたから、ユーザーはトータルで5万円の上乗せ料を支払っている。

まとめ

工事費用は業者や現場によって大きく変わってくる部分であるが、多くの場合は「部材費込みでいくら」などうやむやになっている場合も少なくない。

設備屋は給湯器本体からの利益も含めてアガリを計算するから、作業料は意外と適当だったりもする。

もし買い替える際に見積もりを見て「もう少し安くしてくれたら即決する」と言われたら、恐らく値引くことが多いだろう。ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク