エコタイプの給湯器が出すエラー290(中和器異常)について

すずき設備社長の鈴木だ。

エコタイプの給湯器に搭載されているエラー290は中和器異常のエラーだ。

ただし、このエラーはちょっと特殊で、中和器異常とは言いながらも中和器に異常があるケースはあまりなく、施工不備に原因があったり、一時的な不具合であることも多い。

今回は、エラー290が出たらどうすればいいかを中心に解説していこう。

スポンサーリンク

エラー290はエコタイプ特有のエラー

エラー290はエコジョーズ、エコフィールなどのエコタイプの給湯器特有のエラーだ。

一昔前の石油給湯器では290はフロートスイッチのエラーだったが、今では中和器異常のエラーとなっている。

何のエラーかを簡単に説明すると、中和器に異常が出ているということになるのだが、その多くは「ドレンが正常に排出されていない」という状態にエラーを出していることが多い。

 

スポンサーリンク

ドレンとは?

ドレンと言うのは、給湯器の汗のようなものと思って差し支えない。

エコタイプの給湯器は、今まで捨てていた熱い排気ガスをそのまま外に捨てず、もう一度機械の中に取り込んで、それも熱交換に利用する。

 

その過程で酸性の汗をかいてしまうため、中和してから捨てるという作業が必要になるのだ。

これは給湯器が動作する限り、少量ずつ発生して排出されていくことになるのだが、何らかの原因で排出されなくなった時、中和器の中がドレンで満杯になってエラーを出すという感じだな。

 

スポンサーリンク

ドレンが排出されなくなる原因

ドレン配管の凍結

外置きの給湯器、かつ雪国などの寒い地域で散見される内容だが、ドレンはお湯ではないから普通に凍る。

ドレン配管が凍って出口を塞いでしまうと、そこからドレンが逃げられなくなり、徐々にドレンが溜まっていって最終的には290のエラーを出すという感じだ。

 

これを防ぐためには、ドレン配管に凍結予防のヒーターを巻いてやればいい。

応急的に対応したいなら、ドレン配管に熱湯をかけてもいいだろう(材質によっては沸騰したお湯をかけるのは望ましくないから、50℃くらいでいい)。

 

ドレン配管の中や周辺に、物理的に邪魔している物がある

これも主に外置きの給湯器の場合だが、ドレン配管の出口周辺に落ち葉やゴミなどがあり、それが邪魔をしてドレンが逃げていけない状況になっているケースもある。

いずれにしてもドレン配管そのものから、ちゃんとドレンが流れていける状態かどうかを確認すれば問題ないだろう。

 

中和器の汚れによってドレンの流れが悪くなっている

このパターンは滅多にないが、使用年数や使い方によっては中和器に汚れが詰まり、それが原因でドレンがスムーズに流れていけないということもある。

ドレン配管そのものに何の以上も見られない場合は、もしかすると中和器自体が詰まっている可能性も無くはない。

この場合のほとんどは、中和器の分解清掃で改善する。修理費用は出張料込みで5000円~10000円以内だろう。

 

スポンサーリンク

最後に

290自体はそんなに深刻なエラーではない。

ただし、何かが原因でドレンが排出されていないんだとすれば、その原因を取り除いてやらなければ改善はしないし、お湯を使うこともできないから注意が必要だ。

もし雪国に住んでいて、給湯器を買い替えて初めての冬を迎えたというケースなら、ほぼ間違いなく凍結だと思う。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました