寒冷地で給湯器を使用している人は必見!節電効果が欲しいならコレ!

 

すずき設備社長の鈴木だ。

今回は給湯器の節電効果として有効なアイテムを紹介したい。寒冷地で給湯器を使用しているユーザーで、特に家の外に給湯器を設置しているユーザーにおすすめなのが『凍結予防ヒーター用節電器』だ。

知る人は知っているし、使用状況によっては物凄い節電効果をもたらしてくれるこの商品は、雪国住まいで屋外型給湯器を使用している人ならまず導入して損はない代物だ。

以下では「凍結予防ヒーター用節電器の効果、メリットとデメリット」について紹介しよう。

 

凍結予防ヒーター用節電器とは?


 

給湯器の接続配管に巻かれているヒーターを差すための電源タップだ。寒冷地で外設置の給湯器は、外気温にさらされて配管が凍結しないよう凍結予防ヒーターが巻かれていることが多い。

この凍結予防ヒーターは通常なら給湯器を施工した時に配管に巻き付け、その上から保温材や断熱材を巻いていることが多く、基本的には夏場もそのままの状態である。

気になる人は「冬時期を過ぎたらヒーターのコンセントプラグを抜く」ということをしていると思うが、それを自動的にやってくれるのがこの凍結防止ヒーター用節電器だ。

 

水道凍結防止ヒーター用節電器の効果・メリット

節電効果が高い

給湯器の凍結予防ヒーターは、冬場はほぼフル稼働である。もちろんヒーターの多くにはサーモ機能が付いていて「外気温が低い時にのみ作動する」という仕組みがあるが、ハッキリ言って「ちょっと寒いだけで稼働する」というような作りになっていることが多い。

給湯器の中にある凍結予防は、外気温が2℃や3℃になった時に動作するようになっているが、配管に巻き付けるタイプのヒーターは恐らく凍るような寒さには程遠い10℃とかでも作動していることが多く、これを最低限の稼働にすることが出来れば電気代はグッと節約できるだろう。

 

ヒーターのコンセントを差し忘れるリスクを回避

 

肌寒いとは言っても凍る恐れのない気温状態で、勝手に配管を温めて無駄な電力を消費されるのは避けたい。というわけで、倹約意識の高いユーザーは「もう凍らない時期になったら、給湯器の凍結予防ヒーターの電源プラグを抜く」ということをしていると思う。

この場合、次に寒い時期がきてもコンセントを抜いたことを忘れていなければいいのだが、万が一それを忘れてしまって凍結させてしまおうものなら、トータル的に余計な費用が掛かってしまうだろう。

凍結防止ヒーター用節電器ならその制御を自動化してくれるため、寒い時期になったら勝手に動作するようにしてくれる。それも秋口から動くとかではなく、配管が凍結するリスクの出る時期にピンポイントで動いてくれるのだ。

 

どれくらい電気代を節約できるのか

正直言って使用しているヒーターの種類や、本数によって変わってくるだろうが、生産メーカーが言うには「最大で90%の節電が可能」だそうだ。

実際に給湯器の外部の配管に巻かれているヒーターは簡単な構造で、凍らないような温度でも動いているから、これくらいの節電効果は期待できるかもしれない。

ちなみにAmazonから、やらせとは思いにくいレビューを幾つか紹介しよう(ともにAmazonのレビューから引用。)。

 

小さい一戸建てで合計3個(7か所)使用ですが、冬場一か月3千円は違う気がします。一年間、まだ壊れていません。

 

13本の凍結防止ヒーターにこの冬から使っています。2014/11月〜2015/1月の実績で月額7千円程度の節電効果がある様です。
当地は11月には霜が降りる様になり、12月ともなると夜間の気温は概ね氷点下、時には−10℃を記録する寒冷地です。

 

もちろん弊社でも使用しているし、弊社から給湯器を購入してくれた人にはプレゼントもしている優秀な商品だ。点検依頼があった現場で、セールスまではいかない簡単な説明でも興味を持ってもらえることが多く、欲しがるユーザーは少なくないぞ。

北海道・東北地方に住んでいる人や雪が降る地域に住んでいる人で、外設置の給湯器を使用していて、配管に凍結予防ヒーターを巻いているという人には文句なしでおすすめだ。

 

最後に

夏場はコンセントを抜いてもいいが、冬はどうしてもコンセントを差しっぱなしになる。冬と言っても毎日が氷点下以下にならない地域は山ほどあるし、もっと言えば「日中は温かくなることも多い」から、夜間などの凍る危険性のある時だけ動作してくれるというのは、大きな節電効果に繋がること間違いなしだ。

料金は3000円くらいから高いモノでも5000円程度で、設置状況によっては一冬で十分に元が取れると思うぞ。ぜひ参考にしてくれ。


タイトルとURLをコピーしました