冬期間は浴槽にお湯を貯めておくのが望ましい理由

すずき設備社長の鈴木だ。

大人の読者なら「冬期間だけでもいいから、浴槽に水を貯めておくように」ということを聞いたことがあるという人も多いのではないだろうか。

最近はそこまで気にしなくても良くなってきているが、やはり一部の条件下で「浴槽に水を貯めておかないと、追い炊きできなくなる」という症状が出てしまうことも珍しくない。

以下では「なぜ冬期間は浴槽に水を貯めておくことが大切なのか」について、詳しく解説しようと思う。

冬期間に水を貯めておくと良い理由

給湯器には凍結予防機能が付いており、それは給湯回路と風呂回路の双方に備わっている。

水は動きがあれば凍りにくいため、風呂回路では外気温が一定温度まで下がったら、わざと循環ポンプを動かして水流を作るという仕組みだ。

実際に火が付くわけではないから、動作としては「温かいお湯が出てこない追い炊き」と思ってもらえればいい。

これが作動している時は、浴槽内の循環口に手を当ててみるとしっかり水流を感じることができるだろう。

この時、浴槽内に水が貯まっている状態であれば、しっかりと水が循環するから問題ない。

しかし、もし浴槽内に水が入っていなければ、水は吐き出される一方になってしまい、追い炊き配管~風呂回路内に空気が入ってしまうというわけだ。

お湯張り機能があればそこまで大きな問題はない

最近のガス給湯器のほとんどはお湯張り機能が備わっているかと思うが、中には標準タイプと呼ばれる「お湯張り機能のない給湯器」を使用しているという人もいるだろう。

そういう人の場合は、追い炊き配管内に空気が入ってしまうと、その空気を取り除いてやらないと追い炊き動作ができなくなってしまうという不具合に見舞われる。

一方で湯張り機能があれば、空気で満たされた配管内を再び水(お湯)で満たすことができるから、多くの場合で問題ない。

お湯張り機能がないという人は、寒い時期だけでも浴槽内には掃除のとき以外、水を貯めておく習慣を付けることをおすすめする。

お湯張り機能があっても問題になるパターン

一方で「お湯張り機能があるにも関わらず、追い炊き及びお湯張りができなくなる」というケースも、少なからず存在する。

この場合の多くは、配管内に残った少量の水が凍って蓋をしているということが多い。

水を貯めている場合は、浴槽内だけでも200L以上の水があるわけだから、簡単に凍ることはないだろう。

しかし、浴槽内に水が無く、凍結予防でポンプが動いて配管内の水を吐き出してしまった場合、水を全部吐き出してくれれば問題ないが、多くの場合は配管のたるんでいる部分などに少量の水が残る。

少量の水は凍ってもおかしくないし、追い炊き配管に残る水はほとんどの場合で浴室の床下になるだろうから、それが凍って蓋をしてしまうというわけだ。

冬期間は浴槽にお湯を貯めておくのがベスト

以上のことから、よほどのこだわりがない場合は、冬期間だけでも浴槽に水を貯めておくことが望ましい。

ただし、浴槽に水を貯めておくと喫水線と呼ばれる「水位の位置だけ汚れてしまう」ということが起こりやすいため、几帳面な人は掃除して綺麗にした状態で1日を終えたいという人もいるだろう。

そういう人の場合は、お湯張り機能があるのであれば「蓋をしている氷を溶かすだけで改善する」というケースが多いから。浴槽に熱いお湯を落とし込んでおけば勝手に直ることが多い。

蛇口で50℃くらいのお湯を循環口くらいまで貯めておいてみてはどうだろうか。

最後に

「追い炊きできない」とか「E-632」などの不具合は、冬期間になると非常に多くなる。

これらは浴槽に水を入れておくだけで防げることも多く、注意しておくだけで防げた可能性も高い不具合だから、冬期間は掃除のとき以外は浴槽に水を貯めておくことをおすすめする。

ぜひ、参考にしてくれ。