エコジョーズって故障しやすい?

すずき設備社長の鈴木だ。

最近はエコジョーズからエコジョーズに買い替えるというケースもだいぶ増えてきて、そういうユーザーたちから「エコジョーズって故障しやすい?/エコジョーズって壊れやすい?」という疑問を投げかけられることがある。

これに対して単刀直入に答えるのであれば「エコジョーズは従来型と比べて壊れやすい」と言わざるを得ないだろう。

しかし、いくつか補足しなければならないこともあるため、以下で詳しく解説していきたい。

エコジョーズは従来型と比べて複雑化している

まず始めに言っておきたいのは、従来型とエコジョーズを比較すると、後者の方が給湯器の構造自体が複雑化しているということだ。

パソコンなんかが分かりやすいと思うが、一昔前と比べて性能自体は圧倒的にパワーアップしているにも関わらず、機器寿命という観点からは進化していないということがわかるだろう。

給湯器もそれと一緒で、少しずつバーナーの燃焼能力が向上していたり、給湯器としての機能そのものもパワーアップしている。

それを実現するにあたって部品の数も増えたし、1つ1つの部品も複雑化したのが現状だ。

部品の点数が増え、それらが複雑化するとどういうことが起こるかというと、壊れる可能性のある部分が増えるということになる。

シンプルなものほど壊れにくい

給湯器に限らず機械全般はもちろんそうだし、形あるものはほとんどこの規則性に当てはまると思うが「シンプルなものほど壊れにくい」ということが言える。

従来型のガス給湯器とエコジョーズを比べる程度では分かりにくいかもしれないが、昔ながらの風呂釜・バランス釜と呼ばれている機械は今でも頑丈だ。

ノズルにガスの燃えカスが詰まったりということはあるが、定期的なオーバーホールで10年以上使用できるケースも多い。

一方で最新の給湯器となると、お湯張りはできるし燃焼効率は良いし…機能面ではバランス釜とは比べ物にならないが、定期的にオーバーホールしながら使用したとしても、無故障で10年を超えるのには運が必要だろう。

中和器の交換が必要な点についても注意

エコジョーズには中和器と呼ばれる部品が搭載されており、これは従来型にはない部品である。

この中和器の何が厄介かと言うと、故障どうこうではなく「一定時間の使用で部品交換が必要になる」という点だ。

関連記事エコ給湯器が出すエラー920と930の厄介さ

多くの家庭で5年~7年程度で交換が必要になるのだが、その時に「そんなことは聞いていない/燃費がいいと聞いて買ったのに、こうやって金が掛かるなら本末転倒だ」というクレームは非常に多い。

本当に事前説明が無かったとすれば気の毒だと思うが、これについては取扱説明書にもしっかりと記載されているから、知らなかったというクレームで無料になることは考えにくいだろう。

最後に

「故障しやすいか?」と聞かれたら「故障しやすい」と答えざるを得ないが、機能面や燃焼効率などがパワーアップした伸びしろから見ると、犠牲になった機器寿命は微々たるものだと思うぞ。

個人的には、中和器の交換費用や故障確率が高くなった点を考慮しても、従来型よりもエコジョーズの方が断然お得だと思っている。

ぜひ、参考にしてくれ。