パネルヒーターから聞こえてくるカラカラという音について

すずき設備社長の鈴木だ。

冬になると暖房ボイラーを使用するという人も多いと思うが、もし暖房端末にパネルヒーターを使用している場合、タイミングによって「カラカラカラ…」という音が聴こえてきたことはないだろうか。

程度によっては、夜の寝静まった時にこれが聴こえてくると不安を感じてしまうというユーザーも多く、修理依頼を受ける頻度としては決して少なくない。

これは多くの場合で大したことがない不具合(むしろ不具合でも何でもないことが多い)で、なぜこのような音がなるのか、以下で解説しようと思う。

カラカラ音の正体とは?

カラカラ音の正体の多くは「暖房配管内に入った空気や、結晶化した不凍液によるもの」であることが多い。

暖房配管には密閉式と半密閉式と呼ばれる2つの配管タイプがある。

もし2階などにもパネルヒーターを使用しているという一軒家の場合は、多くが密閉式だと思われるが、密閉式と言うのは読んで字のごとく密閉されているため、配管の中に入ってしまった微量の空気が延々と巡ることになる。

これがちょっとした流水音のような音になっているというケースが非常に多い。

あとは不凍液は粘度のある液体であり、年数経過で一部が固体化・結晶化してしまうことがある。

これがパネルなどの金属にぶつかることでカラカラと音を立てるケースも少なくない。

このいずれかであることが多いわけだが、基本的には特に気にする必要がなく、多くの場合で100%の改善はできないことが多いだろう。

ちなみに不凍液の劣化が原因になっている場合、音の程度によっては「不凍液の入れ替え作業」によって症状が改善する可能性がある。

不凍液の交換作業にかかる費用

実は不凍液にも賞味期限のようなものが存在し、取扱説明書などには3年で1回入れ替えてくれというような事が記載されている。

さすがに3年で1回というのは言い過ぎだと思うが、もし暖房ボイラーを10年使用するつもりなのであれば、折り返しの5年目時点で1回総入れ替えをすることをおすすめする。

理由としては、不凍液の不凍性・防腐性も劣化することで熱効率が悪くなってしまうこと、配管やボイラー内の部品が壊れてしまう可能性があることなどが挙げられるが、結晶化によるカラカラ音を防ぐことにも繋がるケースがある。

ちなみに交換費用については、各家庭でどの程度の不凍液を使用しているか、暖房端末には何を使用しているかなどの要素で増減するから何とも言い難い。

ただ、暖房端末がパネルヒーターの場合だと各パネルでエア抜き作業が必要になるため、暖房端末の中でもっとも高額になりやすいと言えるだろう。

関連記事暖房ボイラーの不凍液を交換しなければならない理由について

カラカラ音は放置してもOK?

基本的に多少カラカラなる程度なら問題ないことが多い。

…が、不凍液が劣化してきていることを示唆しているケースも無くはないから、あまりにも音が酷い場合や、最近になって気になるようになってきたという場合は、一度点検してもらうというのも有効だ。

点検を受けて問題ないようであれば点検出張料(5000円程度か)で安心が買えるし、不凍液の交換作業が必要となれば見積もりを貰って検討すればいい。

この手の不具合で1番注意しなくてはならないのは、暖房機や暖房端末の故障ではなく、家の暖房配管の故障だ。

ボイラーやパネルヒーターが破損・故障するくらいならそれ自体を交換してやれば済むが、配管が腐食したとなれば簡単に交換・手直しはできないから注意してほしい。

最後に

俺も自分の家のパネルヒーターからカラカラ音が鳴ることがあるが、ウチの場合は空気によるものだ。

もし大きな問題が生じている場合は、特定の時間に気になるというようなレベルではなく、日中においても耳を澄まさずに聴こえてくるというケースが多いように思う。

ぜひ、参考にしてくれ。