石油給湯器を買う時に直圧式かセミ貯湯式かで悩むユーザーへアドバイスを送る

すずき設備社長の鈴木だ。

今回はタイトルにもあるように、石油給湯器を買い替えるユーザーの中で「直圧式にするか、それともセミ貯湯式にするか悩んでいる」というユーザーに向けてアドバイスを送ろう。

直圧式/セミ貯湯式の特徴

直圧式の給湯器/ボイラーのメリット・デメリットについて

セミ貯湯式の給湯器/ボイラーのメリット・デメリットについて

上記のリンクにそれぞれの特徴をまとめた。どちらも当ブログの別記事なので安心してほしい。

両者の違いを簡単に説明すると、水圧が強い/水圧が弱いという差である。

それに伴って幾つかのメリット・デメリットがあるので、まったく区別が付かないという人はリンク先の記事を読んでくれ。

金額で悩むのは勿体ない

給湯器のカタログを見たことがあるだろうか?

かなりの種類の給湯器が大量に掲載されているのだが、一般ユーザーからしたら見た目的にも区別が付かないだろう。

直感的に全体的なフォルムや金額を見比べることになるだろうが、多くの人が「高い給湯器と安い給湯器の区別がつかない」のではないだろうか。

色んなパターンがあるから一概には言えないが、基本的には「燃焼能力が高いか低いか」「お湯張り機能があるかないか」「直圧式かセミ貯湯式か」によって金額の高低が分かれている

ちなみに直圧式とセミ貯湯式を比べると、直圧式の方が本体価格は高い傾向にあると言っていい。

しかし、ここの金額をケチってセミ貯湯式にするという判断はおすすめしない。なぜなら給湯器は毎日使用するものだからだ。

ユーザーの中には「そんな贅沢品はいらない」という人もいるが、これは贅沢品ではなく生活必需品の部類だと思う。

贅沢品は要らないといって、洗濯機を買わずに手洗いしている人間がいるだろうか?

直圧式にも3万キロの燃焼能力でお湯張り機能が無いものを選べば、金額的にはだいぶ節約できるだろう。

シャワーの水圧も強くなるし、温度調整も楽になるし、金額的な問題だけなら少し頑張って直圧式を購入することをおすすめする。

水質に関する問題なら貯湯式一択

では逆に「セミ貯湯式をおすすめするユーザーとは?」という疑問が出てくるだろう。

その答えは、水質の悪い地域に住んでいるとか地下水/井戸水を使用しているというユーザーの場合は、文句無しにセミ貯湯式をおすすめしたい。

ちなみにここでいう水質が悪いというのは、機械にとって水質が好ましくないという意味であり、人間の飲み水として良くないという意味ではないことを付け加えておく。

人間にとってミネラル分などの栄養が豊富なのは好ましいが、機械にとっては銅などとの相性の関係もあるし、すべてが良い方向に作用するということはない。

直圧式→セミ貯湯式はおすすめしない

多くのユーザーは、最初に選定された機械と同等の物ということで給湯器を買い替えていく人が多い。

そんな中で、最近はオール電化なんかも話題に挙がりやすいこともあり「もっと○○な機械はないのか?」というユーザーも増えている。

実際にセミ貯湯式から直圧式に変更したユーザーは、その使い勝手の良さに驚くだろう。

ただし、一方で金額的な面から「これまでは直圧タイプを使っていたが、セミ貯湯式に替えたい」と言い出すユーザーもごくわずかに存在する。

これはいわば「スマホユーザーにガラケーを持たせる」という感覚に近いかもしれない。

ガラケーと言っても最近のものではなく、まだ白黒でメール機能もない時代のガラケーのことだ。

もしくはオートマ車の運転になれたドライバーにマニュアル車を渡すような感覚と言ってもいいだろう。

車好きならマニュアル車は歓迎だが、そうでもないドライバーにとっては迷惑でしかないような気がする。

直圧式→セミ貯湯式というのは、いわばダウングレードであるため、決しておすすめしない。

ただし「直圧式を使ってみたが水質的な関係で早い時期に水漏れしてしまって長く使用できなかった」というような場合は除く。

最後に

俺は水質的に問題の無い現場なら、間違いなく直圧式をおすすめする。

もちろん自分が儲けたいという気持ちが全くないと言ったら嘘になるが、多くの場合で「ちゃんと説明してあげることがユーザーのため」だと思っているからだ。

知らないことほど損なことはない。そして説明をするなら直圧式がおすすめだと言う。ぜひ参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク