ガスコンロのカチカチ音が鳴らずに火がつかない場合の原因と対処法

すずき設備社長の鈴木だ。

ガスコンロは点火動作に入る時にカチカチ音が鳴ると思う。これが鳴らずに火がつかないという症状は非常に多い。

そこで今回は「カチカチ音が鳴らない時に考えられる不具合の内容」について書いていこうと思う。

ガスコンロのカチカチ音の正体

ガスコンロが点火前にカチカチなるのは、点火プラグから火花が飛んでいる音である。

点火プラグは火が付く箇所全てに搭載されており、電圧はすべてにかかるようになっている。

つまり電池式のガスコンロであれば、電池残量がなければ点火動作に入ってもカチカチ鳴ることはなく、シューというガスが出てくる音だけになるだろう。

コンセントから100V取っている場合も同様で、コンセントプラグが抜けていたりするとカチカチという音は鳴らないから注意してくれ。

カチカチ音が鳴っているのに火がつかないケース

特定の箇所だけ火がつかない場合

カチカチ音が鳴っているのに左のバーナーだけ火がつかないなど、特定のバーナーだけ点火できないという症状であれば、プラグから実際に火花が飛んでいるかどうかを確認するのが有効だ。

上の方でも軽く触れたが、ガスコンロの点火プラグはすべてに同時に電圧がかかるようになっており、例え1箇所だけスパークしていなかったとしても、他の場所がカチカチ音が鳴るため、火花が飛んでいるかどうかは実際に目で見て確認する必要がある

火花が飛んでいなかったとすれば、そこにチャッカマンを近付けて火が付くかどうかを確認するのが手っ取り早いが、何度もガスコンロを作動させているとガスが充満している可能性もあるから、これをやる際は十分に注意してくれ。

チャッカマンで火が付くなら点火系統の故障、火がつかないならガスが出ていないということになる。

ちなみに吹きこぼした際のゴミや食べ物カスなどが付着していて、火花が飛ぶ際の妨げになっているだけというパターンもある。

その場合はブラシなどで軽く掃除してやるだけで改善する場合があるから、修理を頼む前にぜひ試してみてくれ。

全てのバーナーで火がつかない場合

カチカチ鳴っているにも関わらず、全てのバーナーで火がつかない場合は、ガスがきていないことが考えられる。

メーターで遮断されているケースもあるし、ガスコンロの電磁弁が壊れていて開かないということもあるだろう。

これについては給湯器がガスなら、給湯器が動くかどうかを確認するのが早い。

給湯器が動けばガスコンロの不具合だし、給湯器も動かなければガスそのものが遮断されている可能性が高い。

ごく稀にカチカチ音はなるが全てのプラグで火花が飛ばないという場合もある。

この場合は普段ガスコンロを使う要領でチャッカマンで点火してやれば普通に使えるが、実際にやる場合は事故だけはくれぐれも注意してくれ。

最後に

カチカチ音が鳴らない場合の最も多い内容は「電池切れ」だ。

それも百均で買ったようなマンガン電池だったりすると、電池残量が満タンなのにも関わらず火がつかないということがある。

その場合はちゃんとしたアルカリ電池に交換してやれば火が付くかもしれない。ぜひ参考にしてくれ。