ガスコンロの火が付かず、チャッカマンで火が付くなら点火系不具合だ

すずき設備社長の鈴木だ。

「ガスコンロの火が付かない」「シューというガスが出ている音はするが、何度やっても着火しない」という場合、点火系の不具合が出ている可能性が高い。

本来であれば、パチパチ火花が飛んでる部分にガスが出てきて点火するのだが、その火花が飛んでいない為に火が付かないという症状ではないだろうか。

そこで火花の代わりにチャッカマンを使って手助けをしてやることで、火が付くようになるというわけだな。

そこで今回は「ガスコンロの火が付かず、チャッカマンで火が付く」という症状の場合に、考えられる不具合の内容について説明しよう。

着火しないのは1箇所なのか全箇所なのか

最近のガスコンロは、基本的に2つか3つのバーナーとグリルケースという構造になっていることが多い。

まずは「チャッカマンを使わないと火が付かない」という症状が出ているバーナーは1箇所なのか、それとも全箇所なのかを調べてみて欲しい。

もし「全部点火しない」というなら、あっさり解決する可能性が高まる。もし1箇所だけがそうなのであれば、点火プラグにゴミが付着していないかどうかを確認し(後述している)、そこに問題が無ければおそらく機械の故障だろう。

もし全箇所がチャッカマンで着火するようになるというのであれば、以下の手順で確認してみてほしい。

修理の電話をする前に確認すべき点

まず点検すべきは電池残量

コンセントから電源を引っ張っている場合はこの限りではないが、多くのガスコンロは電池式だと思うから、まずは電池残量を確認してみて欲しい。

ここで注意して欲しいのが、電池を新品の物に交換した場合でも点火しない場合があるということだ。たまに機械と電池の相性が悪いのか、電池が新品でも火花が飛ばないことがある。

そういう場合の多くは、百円ショップなどで手軽に購入できるタイプのマンガン電池が使われていることが多い。この場合はもしかするとガスコンロとの相性が悪くて火花が飛ばない可能性があるから注意してくれ。

おすすめはパナソニックのアルカリ電池だな。

電池ボックスがちゃんとハマっているか

もともとは電池切れで火が付かなかったのにも関わらず「電池を交換して試しても、残念ながら点火しなかった」というケースがたまにある。

もちろん機械そのものが悪い可能性が高いが、初歩的なミスとして「電池ボックスが完全にハマっていない」とか「電池が少し浮いていた」などが原因で、電池電圧がしっかりと掛かっていないケースもあるから注意してくれ。

古いガスコンロの場合だと、マイナス側の電極に接触するはずの金具が緩いせいで、電池がボックス内で遊んでいるということもあるので、このあたりはしっかりと確認して欲しい。

点火プラグにゴミが付いていないか

電池が正常でスパーカー(火花を飛ばすための部品)がしっかり動作していれば、上記画像で赤丸を付けた部分がパチパチと音を立てて火花が飛ぶはずである。

電池が正常であるのにも関わらず火花が飛ばないというのであれば、スパーカーが故障しているか、点火プラグまでの配線が途中で断線している等の可能性が出てくるが、初歩的な見落としで決して少なくないのが「プラグにゴミが付着していて火花が飛ぶのを妨げていた」というケースだ。

吹きこぼしたりした後なんかだと、思いがけない油の塊が付着してたりもするから一応チェックしてみてくれ。乾いたブラシでササッと磨いてくれれば問題ない。

ここまで問題なければ、恐らくユーザーに落ち度はなく、機械の故障である可能性が高いだろう。

考えられる不具合

「点火プラグ、スパーカー、基板」のいずれかが故障している可能性が高い。全箇所となると点火プラグが全口で壊れているというのも考えにくいから、スパーカーが壊れている可能性が高いだろう。

あと機種によっては、基板が壊れている可能性も否定できない。

もし「メインで使っているバーナーだけがチャッカマンを使わないと火が付かない」という場合であれば、その部分の点火プラグだけが機器内部で断線している可能性がある。

この場合、点火プラグを交換しても大した金額にならないから修理することを勧めるが、どうしても調整して欲しいという場合であれば、火の付く箇所を変更することができるかもしれない。

メーカー、機種にもよるだろうが、その場合は修理業者に確認してみるといいだろう(ただし修理と応急処置で金額差がそんなにあるとは思えない)。

最後に

普通にやっても着火しないが、チャッカマンを使えば火が付くという場合は、そんなに大きな修理になる可能性は極めて低く、簡単に直ることが多い。

修理をしたとして、どんなに高くても1万ちょっとじゃないかと思う。

もし「滅多に使わない1箇所だけがそういう症状になっている」という場合なら、それを無視して使い続けても、それが原因で他の部分に故障を誘発したりはしないから、特に困っていないなら修理しないという判断でも構わないだろう。ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク