ノーリツの給湯器を買ったら安心プランSに加入しておけ

すずき設備社長の鈴木だ。

俺は車の保険と家の保険、それから生命保険にも入っているが、実は給湯器にも保険がある。

この保険は意外と内容が良くて、うちの会社でノーリツ製の給湯器を購入してくれたユーザーにはすべて無料でおまけしているのだが、もしノーリツ製の給湯器を最近になって購入した、あるいは今後新しくする予定があるというユーザーには、給湯器の保険「安心プランS」への加入をおすすめしたい。

以下では、どのような部分でおすすめしたいのかについて簡単に書いていく。

安心プランSとは?

給湯器には1年間の保証期間が付いてくる。

実際にはBL品なら2年間保証されているし、基盤などの部品は5年保証だったりもするから、すべての給湯器のすべての部品の保証が1年で切れるかと言ったら微妙に違ってくるが、原則としては1年しか保証されていない。

ここに幾らかの金額を積むことで、その保証期間を5年/7年/10年に延長できるというものだ。

安心プランSの内容

申し込み用紙を見れば分かると思うが、実に小さい文字で細々と書かれている。

大抵、こういうのは優良誤認するように仕向けている文言などがあって俺は嫌いなのだが、この保険に関しては割と良心的な内容だと言っていい。

ものすごく分かりやすく言うと「その給湯器を別の地域、別の人間が使っても同じような故障が起こったという場合は修理費用のすべてを保証する」という内容だ。

例えば乱暴なユーザーが使用し「リモコンのボタンが陥没してしまった」という内容なら、力のないおばあちゃんが大事に使っていたら起きなかった内容だと言えるだろう。

この場合は保険が適用されない。

「洪水被害によって機器が水没してしまった」という場合なら、その機械が洪水被害の無かった地域に取り付けられていたら起きなかった内容だと言えるため、これも保険は適用されない。

ただ、普通に使っていて、普通に壊れてしまった内容の90%以上は保険が適用されるから安心してくれ。

あくまで「わざと壊されたりしたんじゃ敵わない」という意味で予防線を張っているに過ぎない。

あとは説明書に書いてあるようなことで修理業者を呼んだりした場合も有償だ。

10年がおすすめ

保証延長区分には5年/7年/10年とあるが、俺は文句無しに10年をおすすめする。

理由としては7年で壊れるケースよりも7年以降に壊れることが多いし、10年の保証延長には点検料が含まれているからだ。

これは、給湯器を取り付けてから9年くらいした頃に「満了前点検」というのが受けられることになっており、これがユーザーからすると美味しい。

例えば車なんかでも、車検のすぐ後に車が故障したという経験をしたユーザーはいっぱいいるだろう。

実際に車検なんてのは、その時点で悪い部分は見抜けるだろうが、その後でどこが悪くなるかなんて、神さまでもなければ分かるわけがない。

給湯器も一緒で、どこが悪くなるかが分からない状態でひとまず点検をする。

これがもし、点検をした直後に故障したのではユーザーは納得しないはずだ。

そのため、メーカーも余裕を持った目線で点検をする。

すべての部品を交換するということは無いにしても「バーナー/基板だけは一応変えておくか」という対応をすることが多いと予想される。

これがユーザー側からすると、非常に美味しいのだ。

最後に

業者によっては問答無用で保険を付けてくれる業者もいるが、もし5年や7年を付けてくれるという業者が相手だったら、何とか10年にしてもらえないかどうかを交渉してみるといい。

値段が値段なだけに、タダでやってくれることはないにしても、少し上乗せして10年になるなら絶対にお得だ。ぜひ、参考にしてくれ。