シャワーだけお湯が出ないという場合はシャワーのサーモ不具合だ

すずき設備社長の鈴木だ。

シャワーだけお湯が出ないというトラブルで悩んでいるユーザーをよく見るが、その時に給湯器のメーカーを呼ぶのは上手くない。

以下では「シャワーだけお湯が出ないという故障に見舞われたらどうすればいいか」について詳しく書いていく。

シャワーだけお湯が出ない原因

シャワーだけお湯が出ないという症状に悩んでいる場合、原因は色々と考えられるが、多くの場合は「シャワー水栓のサーモバルブが馬鹿になっている」可能性が高い。

シャワーだけお湯が出ないということは、台所や洗面所などでは正常にお湯が出るということであるから、恐らくシャワーの温調部分が故障してしまったと考えるのが普通だろう。

一応、洗濯用水栓からの水が逆流しているという可能性もあるが、この場合はシャワーだけに症状が出るとは限らない。

もしかすると家の配管状況によっては「シャワーでのみ強く影響が出る」という可能性もあるから、一応過去に書いた記事のリンクを貼っておく。

シャワーのお湯がぬるいと感じたらシャワーのサーモスタットに注意しろ

応急処置の仕方

シャワーのバルブをHに設定してみる

多くのユーザーは「給湯器の温度を割と高い温度に設定し、シャワーで40℃前後のちょうどいい温度に合わせてシャワーを使用する」という方法を取っているんじゃないかと思う。

シャワーだけお湯が出ないという場合は、シャワーのサーモ部分で過剰に水を混ぜてしまっているというケースが多い。

そこでだ。

シャワーのバルブを真っ赤な方に最大限回してみてはどうだろうか。

Hはhighの頭文字に相当するが、給湯器の設定温度が40℃なら40℃のお湯しか出てこないから安心して欲しい。

Hにすれば水が混ざらなくなるため、この状態でお湯を使ってみてどうなるかを試してみてくれ。

これで正常に戻るようであれば、シャワー水栓のサーモ部分の故障で間違いないだろう。

水側を完全に止めてみる

もし前項を試してみて「症状はいくらかマシになったが、完全には直っていない」という場合、チャッキ弁などが故障していて水が逆流している可能性がある。

そこでだ。

今度はマイナスドライバーなどを使って、水側を完全に止めてみてはどうだろうか。

多くのシャワー水栓には止水栓と呼ばれる水を止めるための部品が付いている。

そこで水を止め、水を完全に無くした状態でお湯を出すとどうだろうか。

理屈的には給湯器で設定した温度のお湯がそのまま出てくるようになるはずだが…。

シャワーだけお湯がでないという症状なら、この方法で多くの場合は改善すると思う。

あとは水栓のメーカーを呼んでもいいし、水道屋を手配してもいい。

もし給湯器が壊れたと思って給湯器メーカーを呼んでしまうと、自分たちの管轄外だと言って出張点検料だけ取られてしまうことがあるから注意してくれ。

最後に

シャワー水栓の故障は割と多い。

特にシャワーは全身で浴びるからわずかな温調不具合にも敏感に気付けることも多いだろう。

シャワーだけの不具合なら給湯器は関係ないことがほとんどだ。ぜひ参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク