ガスコンロの「手を離せば火が消える」という故障について

すずき設備社長の鈴木だ。

今回はガスコンロで「手を離せば火が消える」という故障についての説明と詳細を書いていく。

火は付くが、手を離せば火が消える

ガスコンロの故障で1番多いのがこれじゃないかと思う。

昔ながらのツマミ式で説明すれば、押して回転させたら数秒待ってから手を離すという操作をしているだろう。

ボタン式についても同様で、ボタンを押して火がついたらちょっと待ってから手を離すのが基本だ。

本来であればこれで火が付いたまま保持するのだが、手を離すと火が消えてしまうという症状がある。

逆に考え方を変えると「手を離しさえしなければ普通に使える」という症状だ。

まぁ手を離せない時点で普通に使えると言ってもいいのかどうかは微妙だがな。

ちなみにこの症状が出る時は「どこか1箇所がそういう症状になる」ことが多く、他の個所は問題なく使用できることが多い。

考えられる故障の内容

熱電対の故障

ガスコンロのバーナー付近を注意深く観察してみると、火が当たる部分に金属部品があると思う。

これは熱電対と呼ばれ、ここに火が当たると電気が流れるという仕組みだ。

流れた電気はそのまま別の部品の制御に向かうのだが、これが壊れていて電気が発生していないというケースが考えられる。

あとはバーナーキャップ部分に汚れや詰まりがあって、熱電対に火が当たっていないというケースもある。

この場合だと熱電対に火が当たっておらず、電気が発生していないため、手を離すと火が消えてしまうという症状が起きるだろう。

まずはバーナーキャップなどに目詰まりが無いか、火は均等に正しい形で出ているか、熱電対にしっかりと火が当たっているかを確認してくれ。

マグネットの故障

1番多いのはマグネットの劣化・故障だ。

先ほど熱電対が電気を発生させると説明したが、その電気の流れ着く先はこのマグネットである。

マグネットという名称からもピンとくる人が多いと思うが、その名の通り磁石を指す。

本来であればツマミを押した時、ボタンを押した時にガスが出て火が付く。

この時の動作は磁石を押しているという感覚だ。

そこに熱電対からの電気が流れてきて、マグネットが吸着し、手を放してもガスが出続けるという仕組みになっている。

つまりマグネットが劣化していて磁石としての役割を果たしていないと、手を放しても吸着することができず、ガス通路部を遮断してしまい、火が消えてしまうというわけだ。

修理費用はそこまで高くない

熱電対が悪いのか、あるいはマグネットが悪いのか。

症状や機種にもよるが、多くの場合でどちらが悪くても15000円以内の修理になるだろう。

担当者の考え方にもよるが、一気に両方を交換するというスタッフもいるし、基本的にはマグネットだけを交換したりはせずに大きいブロック部品で交換するケースが多い。

ただしこれはボラれているとかそういうことではなく、ガス通路部を分解することのリスクを考えたうえでの行動であるから安心してくれ。

最後に

手を離せば火が消えるという症状は、1番良く使うバーナー部分で発生することが多い。

非常に多い故障内容であるし、これが発生したら劣化が始まってると思った方がいいだろう。

しかし、これが原因で直ちに使えなくなるということもないため、修理してもいいし、そこは諦めて別バーナーで騙し騙し使うというのもありだ。ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク