風呂の自動湯張りが途中で止まるという場合は湯量リセットを試してみてくれ

すずき設備社長の鈴木だ。

「風呂の自動湯張りが途中で止まる」という故障で困っているユーザーをよく見るが、このうちの3割程度は簡単に解決する場合がある。

残りの7割は部品自体が故障していて、修理をしないとどうにもならない場合だが、3割ほどの確率で「自分が何とかできる可能性が残されている」と思ったら、やらなきゃ損だろう。

以下では、エラーが出ていないという状況で「湯張りが途中で止まる」というユーザーに向けて湯量リセットを案内していこうと思う。

フルオートかオートか

まずは自身が使っている給湯器がフルオートなのかオートなのかについて確認してみて欲しい。

参考石油給湯器のフルオートとオートの違いについて簡単に説明する

上記のリンクは石油給湯器の物であるが、基本的には石油もガスも一緒だ。

ちなみに湯張り機能があるならフルオートかオートのどちらかになるのだが、これがもし「どちらなのか分からない」という場合は非常に困る。

というのは、取扱説明書を見てくれと言いたいところだが、機種によってはフルオートとセミオートの取扱説明書が一緒ということもあるからだ。

給湯器本体を見てもらえれば品番が書かれているはずだが、フルオート/オートをFA/Aとそれぞれのアルファベットの頭文字で表現している場合もあれば、なぜかフルオート/オートがA/SAという表記になっているメーカーもあるから厄介だ。

ちなみにこれから説明する方法は、フルオートのみで有効な策である。

しかし、もしオート機種で行ってもそれが原因で壊れたりはしないため、万が一自身の使っている給湯器がフルオートかオートかが分からないというユーザーも、ぜひ試してみて欲しい。

湯量リセットをしてみる

もし使用している機種がフルオートで、自動湯張りの湯量が狂っているという場合なら「湯量リセット」で改善することがある。

これについて簡単に説明すると、フルオートは浴槽の湯量が減ったら自動的にたし湯したりする機能があるわけだが、常に「浴槽にはどれくらいのお湯が入っているか」を計算している。

これが何らかの原因で狂うことがあり、そうなってしまった場合は浴槽を空にして湯量リセットをしてやれば誤差をリセットできるというわけだ。

ちなみにその湯量リセットのやり方についてだが、残念ながらメーカーと機種によってやり方が違うため、ここでは説明できない。

俺も全ての機種のやり方を把握しているわけではないんでな。

しかし、そのやり方はしっかりと取扱説明書に書いてある。

恐らく「お湯張りできるような状況にしてから、リモコンの特定のボタンを押す」というものだと思うが、これに気付かずにメーカーに修理依頼をして高い出張点検料を取られてしまうケースが多いから、ダメ元でやってみてくれ。

ちなみに万が一「説明書を無くした/説明書が押し入れの奥にあって探すのが面倒」というユーザーがいたら、各メーカーの公式ページでダウンロードできるから確認してみることをおすすめする。

参考給湯器の修理依頼をする前にまずは取扱説明書!無くしたらメーカーページからダウンロードできるぞ!

最後に

徐々に誤差が生じたパターンもあるし、浴槽内に水が入っているような状態で停電、ブレーカーが落ちたなどのケースでは湯量が狂うことがある。

ユーザーはすぐさま故障だと思ってしまいがちだが、俺の見る限りではこの湯量リセットで直るパターンも少なくない。

ご丁寧にも取扱説明書の「故障かと思ったら?」という欄に記載されているだろうから、修理を頼む前に試してみるべきだろう。ぜひ、参考にしてくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする