給湯器の操作パネルが付かない、表示されない場合に考えられること

 

すずき設備社長の鈴木だ。

給湯器の操作パネルが付かない、表示されない。あるいは「電源を切ったつもりがないのに、気付いたら消えていた」という不具合は往々にして少なくない。

ただ「調子がいい時は普通に使える、でも気持ち悪い」という感じで、修理に踏み切れないというユーザーも多いのではないだろうか。

以下では「給湯器の操作パネルが付かない、表示されない場合に考えられること」というテーマで進めていく。

 

スポンサーリンク

給湯器の操作パネルが付かない時にチェックすべき点

給湯器のコンセントプラグや家のブレーカーの確認

 

まずは初歩的な部分になるが、給湯器のコンセントプラグがしっかり入っているかどうかを確認して欲しい。そしてブレーカーがONになっているかどうかも確認が必要だ。

家族で住んでいる場合は、自分が知らない間に家族の人が「雷が鳴っていたからコンセントプラグを抜いた」というケースも絶対にないとは言えないだろう。

それに屋外設置の給湯器を使用している場合、落雪によってプラグが抜けたという現場を何度か見たことがあるぞ。さすがに強風でプラグが抜けるというのは考えにくいだろうが、一応チェックしてみて欲しい。

 

コンセントプラグの抜き差し

 

問題なくコンセントプラグが差さっていて、ブレーカーにも問題が無くちゃんと通電しているという場合、コンセントプラグを抜き差しして症状が変わるかどうかを見て欲しい。

通常、操作パネルで電源ONをすれば給湯器にエラーがあっても、操作パネルが表示されたうえでエラー番号が表示されるはずなのだが、ごくまれに何らかの原因でリモコンが付かなくなることがある。

 

例えば家のブレーカーは問題なくても、給湯器内の漏電ブレーカーが作動している可能性も否定できない。この場合は、単に表示パネルの電源を入り切りしても全く反応しないのだ。

そこでコンセントプラグを抜き差しすることで、一旦その状況をリセットすることが出来る。もちろんれっきとした不具合があって給湯器内のブレーカーが作動している場合は、操作パネルで電源を入れた瞬間にまた電源が落ちることになるだろう。

しかし、一瞬点灯する様子が確認できれば「給湯器に何らかの不具合が発生している」ということが確認できるのではないだろうか。

 

コンセントプラグの抜き差しで問題なく復帰したという場合、何が原因で操作パネルに不具合が起きていたのかを確認することが難しいため、問題なければそのまま使用して問題ない。また同様の不具合が出た時は、その時に修理業者を手配することをおすすめする。

 

すべての操作パネルが同じ状況かどうか

 

給湯器には給湯専用機もあるが、ふろ機能を有する機種も存在する。給湯のみの場合は操作パネルが1台しかないだろうが、ふろ機能があれば風呂場にも操作パネルがあるだろう。その両方で同じ症状なのかどうかも確認してもらいたい。

不思議なことに、片方の操作パネルが完全に故障している場合、もう片方の操作パネルが正常であっても点灯しなくなるケースが少なくないのだが、確認してみる価値はあるだろう。

 

もし「台所はダメだけど風呂場はOK」というのであれば、修理業者を手配している間は風呂場の操作パネルでやり過ごすという選択肢もできる。

いずれにしても「両方のパネルが付かなくなる可能性がある」ため、この場合においてもとりあえずプロに点検してもらうことをおすすめしたい。

 

スポンサーリンク

1番多いのは操作パネルの故障かリモコン線の不具合

弊社が現場を診てきた経験上、操作パネルが点灯しない原因として最も多いのは「操作パネル自体の故障」か「リモコン線の不具合」である。ちなみに操作パネルは給湯器リモコンという言い方もするから覚えておいて欲しい。

特に屋外設置の給湯器の場合、リモコン線の一部が腐食していて接触不良になっているケースがとにかく多い

 

操作パネルは電池で動くものは一部のみで、大半は「給湯器本体からの電圧」で動作している。

そのため、給湯器と操作パネルは家の中の壁を通って線で繋がっているのだが、この線が断線していれば当然電源は入らないし、腐食しているのであれば付いたり付かなかったりという症状になることがある。

これなら電気関係の知識がある人なら自分で直せるだろうし、業者を手配しても簡単に直せるケースがほとんどだろう。

「給湯器の電源が勝手に落ちる」のは給湯器の故障ではないかも

 

スポンサーリンク

最後に

給湯器自体の電源が入らなくなってしまうと、全くお湯が使えなくなってしまうから困りものだが、この手の不具合は割と簡単に直せるケースが多い。

同様の症状において調子の良し悪しで使える時があっても、そのうち全く使用できなくなってしまうことが予想されるから、早急に点検してもらうのがおすすめだ。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました