ガスコンロのカチカチ音が鳴るのに火がつかない場合の原因と対処法

カチカチ音が鳴るのに火がつかない ガスコンロの故障|原因と対処法

すずき設備社長の鈴木だ。

ガスコンロは点火動作に入る時にカチカチ音が鳴ると思う。これが鳴っているのに火がつかないという症状は非常に多い。

カチカチ音は火花を飛ばすスパーカーの動作音のため、カチカチなるのに火が付かないということは「ガスが出ていない」という可能性が強まるのだが、その可能性も含めて修理業者を手配する前にチェックしたい項目がいくつか存在する。

以下では「ガスコンロのカチカチ音が鳴るのに火がつかない場合の原因と対処法」について解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

【カチカチ音が鳴らないという場合はこちら】

関連記事ガスコンロのカチカチ音が鳴らずに火が付かない場合の原因と対処法

スポンサーリンク

ガスコンロのカチカチ音が鳴るのに火がつかない場合の原因と対処法

ガスコンロのカチカチ音の正体

ガスコンロが点火前にカチカチなるのは、点火プラグから火花が飛んでいる音である。点火プラグは火が付く箇所全てに搭載されており、電圧はすべてにかかるようになっている。

つまりカチカチ音が鳴っても、特定のバーナーだけカチカチ鳴っていない可能性がある。バーナーが3ヶ所あって1ヶ所だけ火が付かないのであれば、残り2ヶ所のカチカチ音に惑わされているという感じだ。まずは火が付かないバーナーでもちゃんとカチカチ音が鳴っているかどうか、ちゃんと火花が飛んでいるかどうかを確認してみてほしい。

電池式のガスコンロであれば電池残量がなければ点火動作に入ってもカチカチ鳴ることはなく、シューというガスが出てくる音だけになるだろう。コンセントから100V取っている場合も同様で、コンセントプラグが抜けていたりするとカチカチという音は鳴らないから注意してくれ。

火花がちゃんと飛んでいるかを目視で確認する

「カチカチ音が鳴っているのに左のバーナーだけ火がつかない」など、特定のバーナーだけ点火できないのか、あるいは全部のバーナーが点火しないのかによって症状は大きく変わってくる。もし特定のバーナーだけがつかないという症状であれば、プラグから実際に火花が飛んでいるかどうかを確認するのが有効だ。

上の方でも軽く触れたが、ガスコンロの点火プラグはすべてに同時に電圧がかかるようになっている。1ヶ所だけスパークしていなかったとしても他の点火プラグがカチカチ音が鳴るため、火花が飛んでいるかどうかは実際に目で見て確認する必要があるから目で見て確認してくれ。

火花を確認すべき部分は上記画像の赤丸で囲った部分だ。上記画像では手前に点火プラグがあるが、点火プラグの位置はガスコンロ本体によって異なり、物によっては後ろに配置されているケースもあるから注意してほしい。

火花が飛んでいないという場合、詳しくは後述しているがバーナーキャップを装着し直したり、プラグ周りを掃除することで火花が飛ぶようになる可能性がある。

カチカチ鳴っていて火花が飛んでいるのに、なぜか特定のバーナーだけが点火しないというのであれば、そのバーナーの回路だけ燃料系統の不具合が起きている可能性が高い。例えば電磁弁が開いていないとか、そこのノズルだけが詰まっているかだ。ノズルが詰まっているだけなら修理費用もさほどかからずに直せるだろう。

火花が飛んでいない場合

火花が飛んでいないのであれば、当然火が付くことはない。そこにチャッカマンを近付けて火が付くかどうかを確認するのが手っ取り早いが、何度もガスコンロを作動させているとあたりにガスが充満している可能性もあるから、これをやる際は十分に注意してくれ。

チャッカマンで火が付くなら点火系統の故障、火がつかないならガスが出ていないということになる。

関連記事ガスコンロの火が付かず、チャッカマンで火が付くなら点火系不具合だ

 

ちなみに吹きこぼした際のゴミや食べ物カスなどが付着していて、火花が飛ぶ際の妨げになっているだけというパターンもある。その場合はブラシなどで軽く掃除してやるだけで改善する場合があるから、修理を頼む前にぜひ試してみてくれ。

あとはバーナーキャップが浮いているとか、正しく装着されていない可能性もある。ここは割とシビアで、少しずれているだけでも正しい方向に火花が飛ばずに点火できないということがあるから、少しでも怪しければバーナーキャップは装着し直してみるのが有効だ。

関連記事ガスコンロの片方だけの火が付かない場合はこれが原因だ!

 

ゴミなどの原因がなく特定のバーナーだけで火花が飛ばないのであれば、そこの点火プラグにだけ電圧が掛かっていないとか、あるいは電圧は掛かっていてもプラグそのものが馬鹿になっている可能性がある。

どちらも直すのにそこまでの費用は掛からないだろうし、もしその1箇所が使えないだけで不便していないのであれば、修理を一旦見送ったとしても二次被害に繋がるような故障案件ではない

カチカチ音が鳴っているのに火がつかないケース(全箇所)

カチカチ鳴っているにも関わらず全てのバーナーで火がつかない場合は、ガスがきていないことが考えられる。メーターで遮断されているケースもあるし、ガスコンロの電磁弁が壊れていて開かないということもあるだろう。

これについては給湯器がガスなら給湯器が動くかどうかを確認するのが早い。給湯器が動けばガスコンロの不具合だし、給湯器も動かなければガスそのものが遮断されている可能性が高い。給湯器に限らず、ガスコンロ以外にガス機器を所有しているのであれば、そっちが動くかどうかを確認してみてくれ。

ごく稀にカチカチ音はなるが全てのプラグで火花が飛ばないという場合もある。この場合は、普段ガスコンロを使う要領でチャッカマンで点火してやれば普通に使えることが多いが、実際にやる場合は事故だけはくれぐれも注意してくれ。

最後に

カチカチ音が鳴るのに火が付かない場合は、大体がガスの電磁弁やガスノズルなどの燃料通路部に問題がある。1ヶ所なら単にノズルが詰まっているだけとか、そこだけ火花が飛んでいないということが多いが、全箇所つかないとなると厄介だろうな。

そうなったらガスメーターでガスが止まっていることを祈ろう。ガスメーターに異常が無ければガス電磁弁などの交換になるはずだ。ぜひ、参考にしてくれ。

タイトルとURLをコピーしました