バランス釜が点火しない時に確認すべき項目

スポンサーリンク
バランス釜が点火しない 確認すべきチェック項目

すずき設備社長の鈴木だ。

バランス釜(浴室設置型のガスふろがま)はシンプルなゆえに長持ちしやすい構造になっているが、ちょっとしたことがきっかけで「点火しない、火がつかない、勝手に火が消えてしまう」ということが少なくない。

まぁ火が消えてしまうだけなら再点火すれば問題ないだろうが、点火しないという症状は少し厄介と言える。以下では「バランス釜が点火しない時に確認すべき項目」を紹介していこう。

スポンサーリンク

バランス釜が点火しない時に確認すべき項目

エラーが出ていないか、電池残量はあるか

まずは点火させようとしてツマミを回した際の挙動に注目してもらいたい。最も初歩的な部分は「エラーが出ていないかどうか」だ。

バランス釜は安全装置が作動しているような場合、ツマミを回しても点火動作に入ることはなくエラーを出して停止する。エラーといっても番号が表示されるような機能はないから、電池ボックス横のランプが点滅する程度だ。

そして注意してもらいたいのが「電池残量がなければエラー表示もしないし、点火動作にも入らない」という点である。まずは電池を入れ替えてどうなるか、その際にエラーは出ていないかどうかを確認してもらいたい。

ガスメーターが止まっていないか

ガスメーターは地震があったり、ガス漏れを検知したり、長時間のガスの使用を検知するとエラーを出してガスを遮断することがある。バランス釜関連で多いのは「経年劣化による点火不良に悩まされ、何度も点火するのが面倒だから種火を付けっぱなしにする」という使用方法によるものだ。

これをやると「長時間ガスを使用する→メーターの安全装置が作動してガスが遮断される」ということになり、ガスメーターのエラーを復帰させてやらないとガスが使えない。ガスメーターは種類によってエラーの表示方法が変わってくるが、大半は赤ランプの点滅など分かりやすい方法で告知してくれているだろう。

鈴木社長
鈴木社長

ガスコンロがあるならガスコンロが正常動作するかを確認してみるのもおすすめだ。この場合は配管内のガスで動く可能性があるから、30秒以上ちゃんと動作するか確認してくれ。

スポンサーリンク

バランス釜がうまく点火しない時に考えられる原因

ノズルや熱交換器の詰まり(種火がつかない、点火しない)

バランス釜が点火しないという場合で、何度もトライすればいつかは火がつくという症状の場合、大半はノズルやバーナーが詰まっていることが予想される。特に使用開始から5年以上が経過している場合は、ノズルが詰まっているだけというケースが非常に多い。

これはユーザー側で対処するのは非常に難しいが、あまりバランス釜本体や配管に負担をかけない程度に振動を与えてやることで改善することがある(もちろん推奨はしない)。もしやるなら必要最低限の力、そして自己責任で行ってみてほしい。

ちなみに詰まりを掃除するだけなら10000円~15000円程度で修理できるだろうが、掃除だけだとまたすぐに詰まってしまうことが予想されるため、場合によっては部品交換になるだろう。

強風による途中失火(火が勝手に消える)

問題なく点火するが、ついた火が途中で勝手に消えてしまうという症状も少なくない。もしこれが後方排気出しタイプ(煙突がないタイプ)の場合、そもそも仕様上という可能性もある。

バランス釜の種火は非常に小さいもので、新品の状態でも消えにくいように配慮されて作られていない。むしろ種火は消えても問題ないように製造されているから、外の風が強かったりすると簡単に消えてしまうことは異常でも何でもないことが多い。

鈴木社長
鈴木社長

バランス釜の使い方に慣れていない人が、風の影響で途中失火してしまうことを異常だと思ってしまうパターンも珍しくないぞ。

スポンサーリンク

バランス釜の機器寿命・耐用年数は10年

ガスふろがまの設計標準使用期間の算定の根拠
ガスふろがまの設計標準使用期間の算定の根拠

本記事の冒頭で「バランス釜はシンプルで長持ちしやすい」と書いたが、機器寿命・耐用年数から見ると給湯器とほぼ変わらない。バランス釜は給湯器ほど高額修理になりにくいため、買い替えの判断が先延ばしになる傾向が強く、ちょっとの修理で直ることが多いから総じて長く使用しがちという意味だ。

給湯器はバーナーと熱交換機を交換するとなると10万円近い修理費用が発生し、こうなると「修理するよりも新しい給湯器に買い替えよう」という判断につながるが、バランス釜でそこまでの高額修理になることは珍しいから、ついつい修理に傾きがちになってしまう。

しかし実際には、10年以上使えて当たり前という物では無くなっていることは知っておいてほしい。修理費はそこまで高くないが、新しい物に買い替えるとしても給湯器ほど高くないから、耐用年数に差し掛かっている機器は買い替えも視野に入れることをおすすめする。

給湯器はどこで買うのがお得なのか|損しない給湯器交換

スポンサーリンク

最後に

バランス釜が点火しない場合、基本的にはガスメーターのエラーや電池不足、ガスの元栓が開いてないなどの初歩的なミスか、経年劣化による詰まりが原因であることが多い。

詰まりは掃除や部品交換をしてやる必要があるものの、そこまで高額な修理にもならないだろう。バランス釜で高額修理になるパターンは凍結破損が多いから、凍結させないように注意しながら使っていくことをおすすめしたい。

バランス釜(風呂釜)の凍結防止に水抜きをするのは何℃から?

タイトルとURLをコピーしました