暖房端末が動かない時はどこに修理依頼をするのが正解か

すずき設備社長の鈴木だ。

読者のみなさんは「ルームヒーターが動かない」「パネルヒーターが温まらない」という状況の時、どこに修理依頼をするだろうか。

 

全ての機器のメーカーを統一しているという場合なら問題ないが、暖房ボイラーはノーリツでルームヒーターが富士通といった場合に、何も疑問を持たずに連絡するのは危険な行為だと思う。

今回は「こうすれば間違いが少なくなる」というアドバイスを含め、暖房端末が動かない時はどこに修理依頼をするのが正解かということについて解説していこう。

スポンサーリンク

暖房ボイラーと暖房端末のメーカーをチェック

冒頭でも軽く触れたが、暖房ボイラーと暖房端末のメーカーが統一されているという現場ばかりではない。

読者の中には「テレビは東芝だけど、レコーダーはソニー」という家庭も少なくないだろう。

 

こんな感じで暖房が機能しないという時、暖房ボイラーに原因があるのか、それとも暖房端末に原因があるのかという判断は意外と難しい。

もしノーリツの暖房ボイラーを使用していてノーリツの業者を手配したが、実際には富士通製の端末に不具合があったという場合だと、ノーリツの業者に出張点検料を払い、富士通の業者を新たに手配するということになる。

 

これを避けるためには、不具合が起こった時にどこに原因があるのかということをユーザー自身も考える必要があるだろう。

※メーカーが統一されている場合は、この限りではない。

 

スポンサーリンク

熱源機と暖房端末のどちらが悪いかの判断方法

端末が複数台あるなら、端末を入れ替えてみる

例えばコンセント式のファンコンベクターなどを使用していて、2台以上所有している場合は、すべての端末で同様の症状になっているかを見て欲しい。

絶対にないわけでは無いが、複数の端末が同時に壊れるということは考えにくいため、すべての暖房端末で同様の症状になるなら熱源機が悪い可能性が高いと言えるだろう。

 

パネルヒーターの場合も同様に、全箇所温まらないのであれば熱源機、1箇所だけが温まらないのであればパネルヒーターそのものに不具合が生じている可能性が高い。

まずは「正常動作している端末がないかどうか」を確認するのが、最も手っ取り早い確認方法だと思う。

 

熱源機にエラー表示が出ていないか

現時点で流通している熱源機が暖房端末のエラーを拾うということは考えにくく、暖房ボイラーがエラーを出しているなら熱源機に不具合が出ている可能性が高いだろう。

そして暖房端末がエラーを出しているのであれば、暖房端末に不具合が出ている可能性が高い。

ただし暖房端末に関しては、故障していてもエラーを出すとは限らないというケースが多いので、基本的には「熱源機がエラーを出している=暖房ボイラーの不具合」という判断が無難だ。

 

場合によっては暖房ボイラー用のリモコンが設置されていないというケースもあり、この場合は暖房ボイラーのエラーは確認できない。

そういう場合は暖房ボイラー本体を確認することで、表示されているランプが赤く点滅しているケースなどがあるので、ここを確認してみてくれ。

 

スポンサーリンク

最後に

ボイラーも端末も同じ業者が設置してくれたというケースであれば、その業者に連絡をすればその業者が然るべき業者を手配してくれるだろうが、自分で間違った業者を手配してしまった場合は、無駄に点検診断料が発生してしまうから注意して欲しい。

 

いずれにしても暖房端末が1箇所でも正常動作しているのであれば、暖房ボイラーそのものの不具合は考えにくいから、そういう場合は端末のメーカーに、全部が動かないなら暖房ボイラーのメーカーに修理依頼するといいだろう。

ぜひ、参考にしてくれ。

暖房機
スポンサーリンク
すずき設備が徹底解説
タイトルとURLをコピーしました