2階の特定のパネルヒーターが温まらないという場合は施工不良かも

すずき設備社長の鈴木だ。

冬になると「パネルヒーターが温まらない」という依頼が多くなるが、実は「機械の故障ではなく、そもそも施工の仕方がおかしい」というケースがある。

以下では「2階に設置した特定のパネルヒーターだけが温まらない」という場合に、施工不良の可能性があるという部分について紹介したい。

パネルヒーターの仕組み

パネルヒーターの暖房器具としての仕組みは極めてシンプルで、熱源機で温められた不凍液がパネルヒーターに流れ込んで、その周辺の空気が温められるというものである。

つまりパネルヒーターが温まらないということは、パネルヒーターに温められた不凍液が流れ込んでいないということになる。

なぜ、このようなことが起こるのか。

分かりやすい部分で言ったら、パネルのバルブが閉まっているという場合だ。

あとはバルブを開けていても、内部で弁が固着していて開いていないとか、不凍液の塊が詰まっていて妨げられているなどの可能性も考えられるだろう。

つまり「特定のパネルが温まらない=不凍液が流れ込まない原因を取り除く」ということが重要ということになる。

2階のパネルヒーターが温まらない原因

空気が溜まっている

2階のパネルヒーターによく見られる症状として「空気が溜まっていて、その部分に不凍液が流れ込まず、パネルが温まらない」というケースが非常に多い。

暖房配管内に多少の空気が入ってしまうのは仕方ないことだが、配管状況によっては空気が集まりやすい特定のパネルというものが存在するため、その特定のパネルは温まらないという可能性もあるだろう。

空気は上に上に行くから、少しでも高い位置にあるパネルに空気は溜まりやすい。

特に縦型のパネルは、上部に空気が溜まることが多いから「2階の縦型の特定のパネルだけ、てっぺん付近が温まらない」という場合は、ほぼ空気が溜まっているだけと考えていいだろう。

2階にある特定のパネルが全く温まらないという場合

例えば前項で触れた空気が溜まっているのが原因の場合、1つのパネルが全部空気で満たされるということは、いくらなんでも考えにくい。

つまり空気が原因の場合は、パネルも一部が温まらないというだけで、触れると熱い部分もあるということだ。

一方で、全く温まらないという場合に疑うべきなのは「流量」である。

例えば、熱源の暖房ボイラーが持つポンプは多くの場合で小型であるため、家にあるパネルが10台以上になるような場合だと、熱源機から1番遠い位置にあるパネルには不凍液が一切流れない可能性もあるだろう。

それが疑わしい場合は、2階にある温まらないパネルを除いたすべてのパネルを閉じて、そこだけを一点集中して動かしてみて欲しい。

これで温まるようであれば、流量が足りていない(つまり施工不良)可能性も出てくる。

そうなった場合は、使わなくていい所は流量を絞るとか、完全に閉じるなどの工夫をするべきだろう。

もちろん流量を増やすために別売りのポンプを搭載するというのも有効だ。

最後に

意外と「最初からそうだったのに、遅れて気付いて不具合だと感じてしまう」というケースは少なくない。

実際に暖房ボイラー1台で一軒家全館を賄っているという場合、パネルが十数台も設置されていて全てのパネルを全開にしていれば、2階の遠くに設置されているパネルや、縦型のパネルには流れ込まない可能性も高い。

どうしても温めたい部屋を優先にしたい場合は、他のパネルを閉じることで優先度を変えられるから、それで微調整するのも1つだ。

ぜひ、参考にしてくれ。