給湯器の配管カバーはなぜ必要なのか?

すずき設備社長の鈴木だ。

読者のあなたはスマホや携帯電話にカバーを付けているだろうか?

基本的にカバーというのは「何かを保護する」という目的で用いられることが多いが、給湯器にも「配管カバー」と呼ばれる備品が存在する。

しかし、配管カバーを使っていながらも「これが何のために使用されているのか/これ自体が無ければもっと安く済んだ」ということに気付いていないユーザーも多い。

今回は「給湯器の配管カバーがなぜ必要なのか」について説明しようと思う。

配管カバーとは?

配管カバーとは、給湯器の下部に取り付けられている上記画像のようなカタチをしたボックスである。

基本的には「給水配管、給湯配管に直接的な風が当たらないようにする」とか「見栄えを良くする」という目的で使用されていることが多い。

雪国の屋外設置タイプなんかだと、金属配管が剥き出しになっている場合は、風が当たることによって配管が凍りやすくなる。

そこに配管カバーがあればだいぶ変わってくるのだが、もし屋内設置タイプの場合は完全に見栄えだけの問題だ。

配管カバーの価格について

ところで給湯器に配管カバーを付けているというユーザーは、その配管カバーが値段的にどれくらいする物なのかを知っているだろうか?

物にもよるが、安くても5000円~10000円ちょっとというのが相場だ。

これを「給湯器のコンセントが見えたら格好悪いから、配管カバーを付けたい」と注文したユーザーがどれだけいるのかは分からないが、もし屋内タイプならそこを削るだけで1万円弱の節約になるケースも少なくない。

自ら望んで取り付けている場合はこの限りではないが、黙っていて取り付けられているケースも少なくないから注意してくれ。

最後に

給湯器を買い替える際、外設置の給湯器なら配管カバーも傷んでいることが多いが、室内設置の給湯器に付いている配管カバーが痛んでいるということはほとんどない。

しかし、給湯器の型番が変われば大きさも変わったりするため、多くの場合で配管カバーも新しくする必要が出てくる。

こんな時、見栄えだけの問題なら、以前のものを少し誤魔化して付けるということもできるし、見栄えそのものを気にしないならわざわざ取り付ける必要もないだろう。

ぜひ、参考にしてくれ。