バランス釜はちょっと水没しただけでも安全装置が作動するから気を付けろ

浴槽の隣に付いているバランス釜。

一般家庭でこれを使っている家はだいぶ減ってきたが、集合住宅なんかだとまだまだ使用しているユーザーは多い。

なんて言ったって安くて丈夫だからな。

以下では、バランス釜のあまり知られていない使用上の注意点について説明する。

バランス釜の水位検知は繊細である

バランス釜の機器内最下部には、浮きのような部品が付いており、これが作動してしまうと手動で安全装置を解除しない限りは復帰しない

これがなかなか厄介で、取り付ける時にちょっと傾けてしまっただけでも作動してしまうほど繊細な部品となっている。

役割としては、もし機器が水没してしまった時に動作させようとすると、燃焼できなければガスが充満して危険になってしまうため、一切動作しなくなるというものだ。

排水不良などですぐに作動する

これの何が厄介かと言うと、本当に水没しているような状況で動作してくれるのであれば問題ないのだが、ちょっとした排水不良などでも簡単に作動するのが問題なのである。

例えば排水口に髪の毛なんかが詰まったりすると流れが悪くなることがあるが、バランス釜が設置されている多くの現場では、浴槽の水を抜いた際もバスルーム全体に水が広がる。

この時ちょっと排水の流れが悪いだけで、バスルーム全体の床に水があふれ、もし浴室内に立っていたら、くるぶし辺りまで水が溜まることも珍しくない。

バランス釜の水位検知装置は、それくらいの位置に装備されているから注意してくれ。

水位検知が作動したら?

できればメーカーを呼んで解除してもらうのが賢明だが、間違いなく水位検知が作動したと断言できるような状況なら、自分で解除するのもありだろう。

やり方は正面のビスを外し、フロントカバーを外す。そして、フロントカバーの最下部に浮きのような部品が付いていると思う。

これは部品をよく見てもらったら分かると思うが、一度上に上がると引っ掛かって下には落ちなくなるような仕掛けが施されているから、これを解除して浮きを下におとしてやればいい。

ちなみにフロントカバーを外す際、もしかするとガス管を外さなくてはならない状況も考えられる。その場合は大人しく業者に依頼することをおすすめする。

水位検知を誤作動させない為の対策

排水口は常に掃除し、排水がスムーズに流れるようにしておくのが理想だ。

あとは浴室の床面積の広さや、そもそもの排水管の大きさなどにもよるが、浴槽の水を一気に排水するのではなく、半分や3分割にするといいだろう。

少し手間かもしれないが、ユーザー側に非が無かったとしても、ほんの少し排水の流れが悪かっただけで作動するから注意してくれ。

そのような兆候があった場合は、面倒かもしれないが排水の流れが悪くないかどうかを見張った方がいい。

自分の時間を少し無駄にしても、数千円の出張料と点検料を払うよりはいいはずだ。

最後に

バランス釜は非常に丈夫な作りで、まだ新しい機械で修理になる場合の多くは安全装置か電池切れだ。

エラーが出たら電池を一旦抜けば解除されるが、安全装置ならまた電池を入れた瞬間にエラー点灯する。ぜひ、参考にしてくれ。

シェアする

フォローする