エコタイプの給湯器に搭載されている中和器の役割について簡単に説明する

すずき設備社長の鈴木だ。

最近はエコ給湯器を初期に導入したユーザーも買い替え時期に差し掛かっていて、時間の流れる早さを痛感している。

そんなエコ給湯器には「中和器」と呼ばれる部品が搭載されているのだが、ユーザーの中には「そもそも中和器って何だ?/中和器って本当に必要なのか?」と思っているユーザーも少なくない。

以下では、そんなユーザーに対して簡単に「中和器が必要な理由」について簡単に説明していこうと思う。

中和器とは?

中学校の時の理科の授業で、リトマス試験紙なんかを使って「酸性/中性/アルカリ性」という勉強をしたのを覚えているだろうか。

1本の直線で考えた時に左側が酸性、右側がアルカリ性とすると、真ん中にくるのが中性である。

中和というのは、傾いているpH(酸性とかアルカリ性)を真ん中に持っていく作業だと思ってほしい。

中和器だが、マンション設置タイプのエコ給湯器の一部を取り除き、多くのエコジョーズやエコフィールに搭載されている。

これが何をしているかというと、エコタイプの給湯器は燃えることで出た高温の排気ガスを一旦機器内に取り込んで、その熱すらも再利用するという仕組みだ。

この時、機器の内部では排気の熱さ、そして機器内の水の冷たさなどの温度差によって結露している。

いわゆる「機械が汗をかいている状態」なわけだが、この汗が酸性なのだ。

ハッキリいってそこまで強い酸性でもないから、そのまま捨ててもそこまで問題ないようにも思える。

しかし、散々エコだと謳っておいて、排水が地球にやさしくないという矛盾を抱えたままだと上手くないし、各家庭の配管によっては酸で溶けてしまうものも出てくる恐れがある。

そこで「酸性の排水を中性にして排水する」という作業が必要になるのだ。

これを担っているのが中和器である。

中和器は使用時間によって交換が必要

これまでは、修理履歴なしで10年以上使える給湯器なんかも珍しくなかったが、機械が高性能になって複雑化していく過程で、機器寿命は少しずつ短くなっていった。

しかしここにきて、中和器の存在がそれを一気に加速させることとなる。

中和器は、故障/故障じゃない以前に「時間経過で交換が必要な部品」である。

早い話が「電池みたいなもの」だと思ってもらってもいい。

ただし交換費用としては数百円で済むような電池とは違い、2万円弱ほどの修理・交換費用が発生するから注意すべきだろう。

中和器のエラーに関する注意事項

中和器にはエラーが2種類存在する。

これはリンナイ/ノーリツ共通のエラーコードで、それぞれ920と930だ。

どちらも中和器異常のエラーであるが、この両者には大きな違いがある。

それは「お湯が使えるか、使えないか」というものだ。

中和器自体が故障することはほとんどなく、多くは「中和器としての機能が薄れてしまうほど使い込んだから、そろそろ交換してくれ」という意味でエラーを出す。

いわゆる「使用時間」で制御しているわけだが、例えば100時間がタイムリミットだとしよう。

90時間で一旦「そろそろ交換時期だぞ」というエラーを出し、それをユーザーに知らせてくれる。これがエラー920だ。

ユーザーは変なエラーが出ているということで、すぐに修理依頼をする人もいれば、説明書を読んだり、ネット検索したりする人もいるだろう。

これらの人なら「中和器を交換しなきゃいけない」という結論に辿り着くから問題ない。

しかし「お湯は使えてるし、何なんだろう…」と放置するユーザーもわずかながら存在する。

そうするとどうなるか、920だったエラーが930へと変わり、給湯器は停止してしまうのだ。

最後に

騙し騙し使用するということは、機械に対して良くない場合が多いし、特に生活必需品となれば尚更だ。

修理業者ならエラー番号を聞けば中和器異常だという判断もできるだろうが、時間帯によっては既に現場に出ている時に追加訪問というカタチでユーザーの家に行く場合もある。

そうなると中和器を持って行くなんてことはできないし、そもそも修理依頼した当日に修理が完了するとは思わない方が無難だ。

エラーが出たらまずは説明書を読むなり、ネット検索するなりした方が安心もできるだろう。ぜひ、参考にしてくれ。