ガス給湯器のエラー111についてユーザーが知っておくべきこと

すずき設備社長の鈴木だ。

ガス給湯器を使用しているというユーザーにとって最も多いエラーの内容は111じゃないかと思う。121なんかも多いがな。

以下ではエラー111が発生して困っているというユーザーに向けて、簡単にアドバイスというか「ユーザーが知っておくべきこと」について書いていこうと思う。

ガス給湯器のエラー111とは?

ガス給湯器のエラー111は、リンナイもノーリツも共通で「点火不良」だ。

火が点こうと思って動作をしたにも関わらず不着火を繰り返すとこのエラーが出る。

ちなみに使っている際中に火が消えてしまえば121になるし、風呂側の燃焼回路に影響があれば112、暖房回路なら113となる。

つまりエラー111とは、給湯側の回路で点火不良が起きている場合に出るエラーだ。

どんな時に火がつかないか

燃料が無い時

非常に単純な話ではあるが、燃料が供給されていない場合なんかは問答無用で111が出る。

ガスが止まるということはあまり考えにくいことではあるが、ごくまれにメーターがエラーを出して止まっていることがあるから注意して欲しい。

ちなみにガスコンロを使っているというのであれば、ガスコンロが使えるかどうかを試してみるのが手っ取り早いだろう。

もしIHでガスは給湯器だけだという場合はメーターを確認してみてくれ。

もしエラーが出ている状態なら、明らかに怪しいランプが点いていると思う。例えば赤いランプが点灯していたり、点滅していたりなどだ。

分からなかったらガス会社に電話で聞いてみることをおすすめする。

酸素が無い時

中学の理科の授業で勉強したと思うが、酸素(空気)が無ければ火は付くことができない。

もしかすると給湯器のフィルターが詰まっていて燃焼に必要な空気が確保できていないだけかもしれないから、ここも確認してみて欲しい。

まぁフィルター詰まりの場合は「燃焼している際中に空気量が減ってきて失火してしまう」という症状が多いため、111ではなく121になることが多いのだが、絶対にないとも言い切れないため、見ておくといいだろう。

もし修理業者を呼んで掃除させたら追加料金を取られるかもしれないしな。

ガスメカなどが故障している場合

ガス給湯器の構造上、火花を飛ばしたところにガスを噴出して火を付けるのだが、この時の

  1. ガスメカが開かない場合(給湯器まではガスがきているが、ガスメカより先にガスが供給できていない場合)
  2. ガスは出ているが火花が飛んでいない場合
  3. バーナー部に詰まりがある場合

などは、火が付けずに111を出すことがある。

詳しい説明については割愛するが、これらはユーザーではどうしようもない部分になるため、修理業者に見てもらってくれ。

ちなみにガスメカや点火装置(イグナイタ)、点火プラグなどの故障であれば大した修理料金にはならないことが多く、どんなに高くても25000円以下で済むだろう。

問題はバーナー部詰まりの場合だ。

「詰まっているのはバーナー部だけなのか、熱交換器に詰まりはないのか、詰まりは掃除で改善できる程度なのか、それとも部品交換が必要なのか」などの症状の良し悪しによって修理費用も大きく変わってくることが予想される。

高い場合はバーナー、熱交換器などを一式交換することになり、これが給湯側だけなら5万円くらいだろうか。

風呂側も一緒にやるとなれば6万円を超えてくるだろう。

掃除で済めば1万円くらいだが、症状が重ければ掃除してもまたすぐに詰まってしまうことがあるから、そのあたりは専門家の判断に従った方が賢明だ。

最後に

エラー111の場合は、まず燃料切れについて確認してみてくれ。

あとは併せてフィルター詰まりなんかも確認しておくといいだろう。

フィルターは簡単に外せるようになっていると思うが、外したら水洗いして乾かしてもいいし、乾いている古い歯ブラシなどで掃除してもいい。

ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク