エラー140はカモにされやすいエラー番号だから注意してくれ

すずき設備社長の鈴木だ。

給湯器のエラー番号なんかで特に問い合わせが多いのは140だ。

実はこれについてはリンナイもノーリツも共通で、過熱防止装置(温度ヒューズ)と呼ばれている安全装置の不具合となっている。

特にノーリツの給湯器で140は非常に多い。

今日は140が出て困っているユーザーに注意喚起をしたい。

エラー140とは?

冒頭にも書いたが、エラー140とは「過熱防止装置(温度ヒューズ)の故障」である。

名前からも分かるように安全装置であるため、車で言うところのブレーキに相当する。

ブレーキが壊れている車で走る馬鹿はいない。だから給湯器も自己判断で活動を停止させ、一切動かなくなるというエラーが140だ。

ちなみに部品自体は熱に反応するヒューズだから、これが焼き切れている状態の140と、ヒューズが勝手に抵抗不良を起こして140とでは根本的な意味合いが変わってくるから注意してもらいたい。

140で注意すべき事項

電源の入切で使えるのかどうか

140は電源の入り切りで復帰することがある。

もし「使っている際中に140がでるけど、電源の入切で復帰する」という場合は、間違いなく接触不良だ。

しかし「電源を付けた瞬間に140が出てしまう」という場合は、何らかの原因で完全に断線してしまっている可能背もある。

ハッキリ言って接触不良なんかは大した故障じゃない。重要なことだからもう一度言う。

ハッキリ言って接触不良なんかは大した故障じゃない。

140は高額修理案件

俺がまだメーカーの営業だった頃、この140を巡る案件で幾つかのトラブルに遭遇したことがある。

いずれにしても「修理費用が高い」というものであるが、140で温度ヒューズを交換すればいいだけの修理で10万円以上の修理になったというのだ。

もちろんユーザーは「温度ヒューズだから安いだろ!」という意味で切れているのではなく、ただ漠然と文句を言っているのだが、もしこれが「温度ヒューズの抵抗値不良だった」ということを理解しているユーザー相手だったと思うと、今でもぞっとする。

ハッキリ言って140は安全装置が故障したという事実があるから、高額修理に持っていきやすい。

「燃焼状態が悪い」「危険な状態」と言っておけばバーナーや熱交換器も一緒に交換する口実になるしな。

修理業者の話をしっかりと聞く

ハッキリ言って俺が営業をしていた頃のメーカーは、10年近い機械が140を出したら高額修理に持っていくのがセオリーとなっていた。

確かに危険な状態になってヒューズが切れているならそれが普通なのだが、何でもかんでも高額修理に持っていくという風潮があったのも事実。

中には単なる抵抗値不良でも大袈裟に言ってユーザーの不安感を煽り、高額修理に持っていこうとする修理業者もいるだろう。

真摯な修理業者もいるが、彼らも売り上げで成績を決められるサラリーマンであるため、少しでも高い修理に持っていくケースがあることは頭に入れておいて欲しい。

そして「抵抗値不良なのか」「危険な状態になっての断線なのか」はしっかりと聞いた方がいいだろう。

できれば診断書かなんかに一筆書いてもらうのが理想だ。

ちなみにここで言質を取ったところでどうなるというわけではないが、俺が営業をやってた頃のトラブルでは、最終的に「言った・言ってない」の水掛け論になったから、一応聞いておくことをおすすめする。

高額修理に納得できない場合は文句を言う時にも使えるからな。

最後に

今でも特にノーリツは140が物凄く多いように思う。

ちなみに温度ヒューズは1つの機械に2本はあるから、これは一緒に替えた方が賢明だろう。ぜひ、参考にしてくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする