ガスコンロで頻繁に魚を焼いているユーザーはグリルの劣化に注意しろ

すずき設備社長の鈴木だ。

みんなは魚を食べるときに何を使って焼いているだろうか。

俺はガスコンロのグリル部分は使わず、電気で動く魚焼き器を使用しているのだが、これには大きな理由がある。

今日はガスコンロを使って頻繁に魚を焼いているユーザーに対して、軽く警鐘を鳴らしたいと思う。

ガスコンロの機器寿命

ガスコンロの機器寿命は8年前後と言われている。

ただしこれについては色々な意見があって、簡単な作りのテーブルコンロならもっと長持ちするだろう。

(ビルトインコンロよりもテーブルコンロの方が構造がシンプルで長持ちしやすい)

ただし注意が必要なのは「頻繁に魚を焼いている」というユーザーだ。

頻繁にという言葉についても捉え方が色々あるだろうが、少なくとも毎日グリルを使用しているというような場合、かなり頑張ってもグリルは3年持てば御の字と言ったところである。

グリル部は傷みやすい

ガスコンロの故障で「グリルの火が付かない」というのは割と多い故障内容だ。

というのも、上部バーナーはブラシで磨くこともできるし、仮にお湯などをこぼしたとしても、部品に直接かかったりしないように受け皿などが装備されている。

それに引き換えグリル部は、ガス通路部に小さな穴が沢山開いているのだが、魚などを焼いた際に飛び散った油などによって腐食するケースが多い。

するとどうなるかというと、小さな穴と小さな穴の間が腐食することで大きな穴に広がってしまうことがある。

こうなるとこの部分は火が安定しないようになってしまうというわけだ。

これが数か所で起こってしまうと、魚の焼き具合もまだらになってしまうし、火が付いたかどうかを検知している部品付近でこれが起こってしまうと、火が付いているにも関わらず「火が付いていない」と勘違いをしてエラーを出すということが起きる。

グリル部分は交換可能

不幸中の幸いなのは、グリル部分だけ丸ごと交換可能であることだ。ただし、当然ながら交換費用が掛かる。

機種にもよるが、一般的なビルトインコンロならグリル一式の交換で約2万くらいに落ち着く機種が多いだろう。

毎日魚を焼くのにグリルを使用するという家では、3年以内にグリルがボロボロになってしまうケースも珍しくないため、このような家ではガスコンロは8年も使えて当然だとは思わない方がいい

グリルの手入れは難しい

ちなみに「グリル部分は丁寧に使えば長持ちする」というのも間違いではないが、ビルトインコンロのトッププレート部分などと違い、グリル部分は繊細になっている。

ガスが噴出される部分の穴は非常に密集していてハチの巣のようになっているのだが、ここに変に傷を付けてしまうと、たちまちポロっといってしまう可能性もあるだろう。

火が付く部分であるから、なるべく水は付けたくないし、付けて欲しくないというのが本音だ。

よく濡れふきんなどで拭くという人もいるが、湿気的な観点からもあまりおすすめはしない。

結局は「消耗品と割り切る」か「代わりの機械を用意するか」になると思う。

今は電気で動く魚焼き専用のプレートなんかも安く売られているから、ガス焼きのクオリティにこだわりがあるというユーザー以外は、それを購入してもいいだろう。

俺も最初はガスコンロのグリルで焼いた魚の方が断然美味いと思っていたが、最近の魚焼き器はすごいぞ。

まとめ

グリル部分はガスコンロの一部であるが、基本的には独立した物と思った方がいい。

ガスコンロは8年ほど使えて然るべき商品だが、魚を焼く頻度に比例してグリル部分は長持ちしない傾向にある。

グリルが故障したらそれを交換するのもいいが、電気製品でも安く購入できる魚焼き機があるので、それを買ってみるのはどうだろうか?ぜひ、参考にしてくれ。