給湯器がエラー140が出た場合の応急処置方法について

 

すずき設備社長の鈴木だ。

給湯器のエラーの中でも1、2を争うくらい出現頻度の高いエラー140だが、これは「過熱防止装置」と言って、安全装置のエラーである。

 

安全装置がエラーを出しているということで、もしかすると「給湯器が危険な状態になって安全装置が作動した」というケースもあるので一概には言えないが、古い給湯器なら「危険な状態ではなく、安全装置そのものが故障しただけ」というケースが多い

以下では「給湯器がエラー140が出た場合の応急処置方法」について紹介しよう。

 

スポンサーリンク

エラー140の応急処置は、せいぜい電源の入り切りくらいしかできない

がっかりしてしまうかもしれないが、エラー140の応急処置でユーザーが出来ることと言えば「給湯器の電源の入り切り」くらいである。

電源の入り切りで復帰したとしても、お湯を使っているうちにまたエラーを表示して停止してしまうということもあるし、中には「電源を切っていてもエラー140がずっと点滅している」という状況のユーザーもいるだろう。

 

そういうユーザーの中には「コンセントプラグの抜き差しをしてみたらどうだろうか」と考えるユーザーも少なくないが、もしエラー140が経年劣化が原因で発生したとすると「コンセントプラグを抜き差ししたら何故か電源が入らなくなった」ということも有り得るから注意してほしい。

 

スポンサーリンク

そもそもエラー140とは何なのか

 

冒頭でも書いたように、エラー140というのは過熱防止装置が出すエラーだ。

この過熱防止装置とは、別名:温度ヒューズと呼ばれ、主にバーナーや熱交換器などの熱くなる部分に搭載されている。

もしバーナーや熱交換器が異常に熱を持ったりした場合に、この温度ヒューズが焼き切れることで機械を強制停止させるという仕組みだ。

給湯器のエラー140「温度ヒューズが切れる」ということの意味

 

ここで、この手の話に詳しいユーザーならピンと来たんじゃないかと思うが、安全を守るために作動して焼き切れるという安全装置なら、電源の入り切りで復帰すること自体がおかしいことになる。

つまり「電源の入り切りで復帰する→ただの接触不良」ということだ。つまりこの場合は、危険なことは一切無く「あくまで経年劣化の一環として、温度ヒューズが抵抗値不良を起こしているだけに過ぎない」と言える。

 

残念ながらこの場で「ここをこうすれば、応急処置が可能だ」ということ細かな案内はできない。しかし本質を理解している読者なら、どうすれば応急的に動かすことができるか分かったはずだ。

もし気付いたとしても、安全装置に細工をして動かすという行為は危険が伴うため、あまり推奨はしない。どうしてもというなら、自己責任でやってみてくれ。

 

スポンサーリンク

エラー140が出たら早急に業者を手配すること

 

エラー140は、基本的には断線か接触不良でしか観測できないエラーだから、1度出てしまえば仮に復帰したとしても、またすぐにエラーが出ることが予想される。

これは安全装置の交換でしか対応できない為、早急に修理業者を手配したい。ただし1点だけ注意をしておこう。

 

実は燃焼状態のバロメーターとも呼べる安全装置であることをいいことに、高額修理に持っていくことが結構ある。

もしこれが経年劣化で故障してしまうような状況であれば、おそらくほとんどの給湯器が10年以上使っていることが想定されるが、「燃焼状態が悪くて安全装置に負担が掛かった」とでも言っておけば、素人ユーザーは「そうなのか…」と思わざるを得ないだろう。

 

修理する業者側も「少しでも高い修理に持って行きたい、あわよくば買い替えさせたい」という目論見があることは否定しないが、経年劣化が見える給湯器なんて大概が「燃焼状態は良くない」と言えるため、完全な嘘とも言い難いのである。

修理する業者としては「ここで中途半端に直して、すぐに別の場所が壊れた際にクレームに発展しないよう、少しでも故障の可能性がある部分は修理したい」という感情もあるだろうから、もし最低限の修理で済ませたい場合は、その辺に対して理解があることを伝えてあげるといいだろう。

給湯器のエラー140はカモにされやすいエラー番号だから注意してくれ

 

スポンサーリンク

最後に

例えば充電ケーブルでも何でもいいのだが、一部分が傷付いていて、接触不良を起こしているという場面を想定してみて欲しい。

この場合、傷付いている一部分を切り落として、その両端で繋ぎ直せば普通に使えるようになることが想像できる。温度ヒューズの抵抗値不良とは、このような内容の故障だ。

 

ハッキリ言って万が一にも危険な状態である可能性がある以上、この方法は決しておすすめできないし、自己責任とは言っても仮に火事などに繋がった場合は周りの住人にも迷惑が掛かるだろう。

というわけで、給湯器のエラー140を確認したら、ただちに修理業者を手配することをおすすめしたい。

エラー
スポンサーリンク
すずき設備が徹底解説
タイトルとURLをコピーしました