「ガス給湯器のメーカーはどこがおすすめか」で悩むユーザーにアドバイスを送る

すずき設備社長の鈴木だ。

よく「ガス給湯器のメーカーはどこがおすすめか?」と聞かれることがある。多くの設備屋は自分が贔屓にしているメーカーをここぞとばかりに推すだろう。

今日は贔屓にしているメーカーの無い俺が、どこのメーカーがおすすめかずばり答えよう。

ガス給湯器のメーカーの種類

  • リンナイ
  • ノーリツ
  • パロマ
  • パーパス

石油給湯器の製造メーカーと言われれば、上記の4つのうちのどれかになるんじゃないかと思う。

そして俺の観測範囲に関して言わせてもらえればリンナイ4、ノーリツ4、その他2という感じだ。大体がリンナイかノーリツで、たまにパロマやパーパスを見かけるという割合である。

恐らく全国的にも似たようなシェアになるんじゃないかと思っているが、信頼できる統計やデータが見つけられなかったため、ここでは割愛させてもらう。

ガス給湯器のおすすめ

メーカーは関係ない

以前に書いた石油給湯器のおすすめとも重複するが、基本的にはメーカーで選ぶほどの性能の差は無いんじゃないかと思う。

ただ、取引が多い商品ほど値引き率が高くなるという意味では、当社の場合はリンナイやノーリツの給湯器なら割と大きな値引きをして提供できると言えるだろう。

ここが石油給湯器とは少し違う点である。

俺の周りの業者たちも「リンナイやノーリツなら大幅な値引きができる」ということで、この両者を全面的に押し出しているということもあり、この2社のシェアが結果的に伸びているのではないだろうか。

本体価格で決めるのも○

厳密に言えば「リンナイ/ノーリツの○○という機種は故障が多い」という事例はあるが、メーカーによって故障率が大きく高いということはないと思う。

あくまで俺の体感で言わせてもらえればリンナイは優秀な気もするがな。

ただ逆の意見を聞くこともあるし、俺も自分の家ではノーリツを使っているし、ここは声を大にしておすすめするというほどのものではない。

機種によっての当たり外れは詳しい人間に聞けば分かるだろうが、そこにビジネスが絡んでくる場合は決して教えてくれないだろう。

だったら「安いから粗悪品」ということもないため、いっそのこと本体価格で決めてしまってもいい。

ただしこの場合は、同じ品番・同じ機能で考えるべきだ。

たまに金額的に安い給湯器を広告などで見かけることがあるが、それには風呂機能がない場合などがあり、ユーザーにとって求めている機能が付いているとは限らない。

「安いからこれにしよう!」と思ったら「実は給湯器脳だけでお風呂を沸かす機能が付いていなかった」なんてことは、割とよく聞くトラブルの1つである。十分に注意してくれ。

迷ったらリンナイ/ノーリツでOK

のらりくらりと書いてきたが、本当に悩んでいるのであればリンナイかノーリツにすることをおすすめする。

理由はこの2社のシェアが全国的にも大多数を占めているし、多くの業者において大幅値引きも受けられるからだ。

売れている物ばかりが良い商品だとは思わないが、住宅設備に関しては売れている方が信頼できるという側面もあるだろう。

もし悩んでいるなら「リンナイかノーリツで、今使っている給湯器と同等かそれ以上の機種」という注文を付けて見積もりを頼むといい。

その中から1番安い金額でできる機種を選んでもいいだろうし、あるいは「ちょっとの負担でアップグレードが可能」というのであれば、それを選択してもいいだろう。

最後に

給湯器に関しては風呂メーカーなどによって強い制約を受けないため、今まで使っていたメーカーから変更するからと言ってもそんなに大きな手間は生まれない。

これまでに使用していたメーカーの対応を不満に思うのであれば、遠慮なく変えてやろう。

どのメーカーにもファンがいてアンチもいて、その評価は一定ではない。

だったらいっそのこと、自分が希望する能力の給湯器で1番安く取り付けられるメーカーに決めるという考えでもいいのではないだろうか。ぜひ、参考にしてくれ。