ガス給湯器の燃焼不具合(E-111)は軽い調整で応急処置ができるかも

すずき設備社長の鈴木だ。

ガス給湯器のエラー111、あるいはエラー121などは点火不良のエラーだが、使用年数が経ってくると頻繁に見られるエラーの1つだ。

中には大規模な不具合になっている可能性もあるが、ちょっとしたオーバーホールで改善するケースも少なくない(古い機械でも諦めるな!)。

今回は、給湯器が古い場合でも応急処置が可能かもしれないエラー111やエラー121について紹介しようと思う。

エラー111とエラー121について

エラー111とは?

正確に言うと「初期炎非検知」というエラーだ。

最初の点火が上手くいかない、あるいは点火したことが認識できないという状況の時に出る。

最初の点火が付かないわけだから、ガスが止まっている場合なんかもこのエラーが出る。

このエラーが出ているのであれば、まずはガスメーターを確認して欲しい。

エラー121とは?

こちらは「途中炎非検知」というエラーだ。

エラー111は最初から炎がつかなかったのに対し、こちらは「1度ついた火が何らかの原因で消えてしまった時に出るエラー」と言えるだろう。

どちらかといえばエラー121の方が厄介であるが、漏水などが見られないのであれば、バーナー部分や熱交換器にガスの燃えカスが詰まっているだけということも珍しくない。

メンテナンス不足になると…

給湯器のメンテナンスでユーザーにしてもらうことは、せいぜいジャバなどを使った風呂側回路のメンテナンスだ。

しかしガス給湯器の場合は、徐々にガスの燃えカス成分が給湯器内部に溜まっていくため、もし1度もメンテナンスしたことがないという状況であれば、それらが詰まって正常な燃焼ができないことがある。

これは年数が経つと仕方のない部分で、定期点検などを受けていない限りは5年を超えたら少しずつ増えてくる症状のように思える。

運が良かったり、使用頻度が低いという場合は10年以上無故障で、ようやく発生した不具合も「熱交換器内部に燃えカスが詰まっただけ」というパターンも少なくない。

ちなみに燃えカス成分が溜まる場所は一定になることの方が珍しく、点火プラグ周辺に溜まればエラー111、それ以外に溜まればエラー121が出る傾向が強いと言えるだろう。

古い給湯器でもこれらの症状なら応急処置が可能

ハッキリ言って仮に古い給湯器だったとしても、この程度の不具合なら軽い整備をして応急処置が可能だ。

年数が経っていることから「もう買い替えなきゃならない」と不安に思っているユーザーもいるだろう。もちろん応急処置はあくまで応急処置である。

この手の詰まりは掃除をするだけではまた遅かれ早かれ使ってしまうことになるので、根本的な改善を望むなら詰まってしまった部品を交換することをおすすめしたい。

しかし古い給湯器の場合は、部品を交換しても次から次へと故障してしまう可能性が高いので、本体を変えてもらった方が安心できるということになる。

ただ、ユーザー側が「もう交換しなきゃならないですよね…」というような弱気な場合だと、こちらも本体交換の方向に話を持って行きやすいから、あまりそのような空気管は出さない方がいいだろう。

最後に

重症な場合もあるが、1ヶ月程度の延命で良ければコンプレッサーで吹くだけでも十分なケースも少なくない(もちろん状況によるが)。

ただ、エラーが出るたびにコンプレッサーで吹いても、その頻度は段々高くなってくることが予想されるから、あくまで応急処置程度に考えた方がいいだろう。

もし年数が経っていてこれらの症状だった時は、ただ詰まっているだけでも「もう寿命ですね」と説明しやすい状況であるから、お金がないアピールをすれば調整してくれるかもしれないぞ。

ぜひ、参考にしてくれ。