石油給湯器のフルオートとオートの違いについて簡単に説明する

すずき設備社長の鈴木だ。

石油給湯器にはフルオートとオートと呼ばれるタイプが存在する(正確にはこのどちらでもないタイプも存在するが)。

今回はこの両者の違いについて、小さな子供でも分かるように説明しよう。

フルオートとオートの大きな違い

簡単に言うと、このオートという言葉は「お湯張り機能」を意味している。

昔は誰もがバスタブに取り付けられている蛇口から、お湯なり水なりを必要量落とし込んで、人が入れるようになってから蛇口を閉め、追い炊きをして風呂にはいったものだ。

その動作をボタン1つで行ってくれるものをフルオート、オートと呼ぶ。

そしてこの両者を比較すると、フルオートの方が少しだけ多機能になっている。

以下ではそれぞれの違いについて少しだけ詳しく見ていきたい。

フルオートとは?

これはコロナ製給湯器のフルオート機種だ。概要欄にもしっかりとフルオートと記載されている。

フルオートを簡単に言うと「お湯張り・保温・たし湯まで自動で行う機械」のことだ。

例えば浴槽に入っている際中、湯船に浮かんだゴミなどを捨てようとして湯量が減ってしまうことがあるだろう。

こんな時、多くのユーザーは我慢してそのまま入るか、あるいは蛇口で直接お湯を足してるのではないだろうか。

フルオートならこれを自動的に補充してくれる機能を有している。

つまりフルオートは「浴槽内にどれだけのお湯が入っているかを検知できる」ということだ。

オートとは?

これはコロナ製給湯器のオート機種だ。概要欄にもしっかりとオートタイプと記載されている。

オートを簡単に言うと「お湯張り・保温を自動で行う機械」のことだ。フルオートとは違って自動でたし湯はしない。

しかしオートタイプにもボタンを押すことでたし湯・たし水ができる機能が搭載されているため、全自動じゃないだけでボタン1つでたし湯ができるという意味では、そこまで大きく不便ではないと思う。

ちなみに品番を見てもらえば気付くと思うが、470AMXのAはオートの頭文字だ。

フルオートとオートのどちらがいいか

料金的にはフルオートの方が高く、オートの方が若干安い。

これは浴槽内の湯量を計算するためのセンサーが付いているかどうかなど、フルオートの方が部品も多いし、複雑な構造をしているからである。

メーカの違いや機種の違いによっては、他にも配管洗浄などの面でフルオートの方が優遇されている面も少なくないが、いずれにしてもそこまで便利というわけでもないというのが俺の感想だ。

仮にフルオートとオートが同じ金額だったとしよう。

それぞれの機能をフルに使っていくならフルオートの方が便利なのは間違いないが、水道料金は高くなるだろうし、そうならないようにして幾つかの機能を使用しないとなればオートで十分という結論になる。

つまり俺なら、例え両者が同じ金額でもオートを選択する。僅かな差ではあるが、フルオートよりもオートの方が故障率は低いしな。

メーカーや業者によってはフルオートを押してくるが、そりゃ奴らは売り上げを考えたら少しでも高い方が売りたいだろう。

もちろん便利なのはフルオートだろうが、金額差ぶんのメリットがあるかと言われたら、そこまで無いと答えるユーザーの方が多いはずだ。

最後に

フルオートとオートの違いは「自動でたし湯をするかどうか」という部分が大きい。

他にも細かい違いがあって「お湯を捨てる時に自動で配管を洗浄してくれるかどうか」などの差もあるが、オートでもボタンを押せば自動でやってくれるわけだから、特に不便はしないのではないだろうか。

俺は買い替えを進める際はフルオートを推したりしない。なぜなら俺自身がオートを好んで使っているからだ。ぜひ参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク