ガス給湯器から水漏れしてきた場合の修理費用の相場について

すずき設備社長の鈴木だ。

ガス給湯器から水漏れしてきた場合、中には水を漏らしながらも使用できる場合がある。

こんなとき「修理はしたいがお金がどれくらいかかるのか不安だ」という思いから、お湯が使えるのをいいことに修理を先延ばしにしているユーザーも少なくない。

以下ではそんなユーザーに警鐘を鳴らすのと同時に、ガス給湯器から水漏れしてきた場合の修理費用の相場について説明していく。

水漏れは早く修理した方がいい理由

当然だが給湯器内は精密部品で溢れかえっている。

そんなところで水が漏れたらどうなるか。水の漏れ方によっては他の部品に水がかかってしまうだろうし、直接かからなくても湿気で基板などがやられてしまうかもしれない。

給湯器の故障の多くは「使用できなくならない限りは、二次被害、三次被害と被害が大きくなっていく可能性がある」ため、先延ばしにしても何もいいことがないのだ。

ガス給湯器からの水漏れ修理費用の相場

パイプ接続部からの水漏れ 6000円~

パイプと部品の接続部分から水が漏れていた場合は、大体6000円~の修理になることが多い。

6000円~としている理由は「水が漏れている箇所だけを直しても、そこだけ直したのでは今度は別の個所から水が漏れてくることが容易に想像できるから、他のパイプ接続部のパッキンも一緒に替えることが多いため」である。

パッキン自体の部品代は数十円程度であるが、技術料で1点につき6000円ほどかかる。

ただし2点交換したからと言って12000円になるということではなく、このあたりはメーカーによって違うみたいだ。

ちなみにこの程度の不具合であれば修理する水道屋や設備屋もいるだろうが、万が一パイプ接続部以外からの水漏れだった場合は、メーカーの修理専門店から修理をしてもらう必要がある。

熱交換器からの水漏れ 30000円~

水漏れの中で最も修理費用が高額になるのが熱交換器からの水漏れだ。

熱交換器は銅から作られていて、主にバーナーで熱されることでお湯を作る「やかんのような役割」を担っている。

当然、金属であるから熱したり冷やしたりをすることで、経年劣化の影響を受けやすく、多少は変形もするため、ここから水が漏れてくるケースも珍しくない。

熱交換器は「給湯/ふろ/二次熱交換器」の3つが搭載されており、どれが壊れるかによって費用も若干変わってくるが…。

作業料は1箇所で15000円程度。あとはここに部品代が加算される。

部品代は機種によっても変わるが、多くは15000円以内になるのではないだろうか。

ポンプからの水漏れ 25000円~

凍結破損以外でポンプから水が漏れてくることはあまりないが、ポンプから水が漏れてきた場合も修理費用は高い。

というのは、パイプ部分と違って「パッキンだけを交換すれば水漏れが止まる」というものでもないからだ。

そしてポンプは高価な部品になるので、必然的に金額は高くなることが予想される。

作業料が10000円程度に、あとは機種によって金額の異なるポンプの金額が加算されるという感じになるだろう。

その他水メカからの水漏れ 20000円~

温度調整をしているサーボモータやお湯張りをしている電磁弁などから水が漏れてくるケースも考えられるが、これも凍結破損以外ではあまり見ないパターンだ。

水メカの場合は部品代もピンキリだが、大体が5000円~10000円以内に落ち着くことが多い。

そして交換費用も10000円くらいになるため、大体1点につき2万円くらいになるだろう。

最後に

ここで紹介したのはあくまでも目安にしか過ぎない。

もし実際に修理する人が「他の部品にも水がかかっているから交換した方がいい」というならそれに従った方がいいだろうし、水が漏れている部品だけを変えればいいという問題でもないから、料金を高くされたからと言って決してぼったくられているわけではない。と思う。

もし最低限で修理をして欲しいのであれば、最初に「お金がないから最低限の修理をして欲しい」と伝えておくのが有効だ。ぜひ、参考にしてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク