入浴剤が原因で給湯器が故障することもあるから注意せよ

すずき設備社長の鈴木だ。

今日は意外と知られていない「入浴剤の脅威」について説明していく。

入浴剤の使用は給湯器に問題ないのか

こんなことは言いたくないのだが、影響がないわけがない。

ただし各メーカーでも「使わないでくれ」とは言っていないのだが、これは各入浴剤メーカーに対する忖度という考え方もできる。

俺はとある給湯器メーカーの営業をしていたことがあるが、当時はもし入浴剤が原因で給湯器が壊れたとしても「それが原因で壊れたとは断言しないでくれ」と言われていた。

すごく柔らかく「もしかすると入浴剤の影響があったかもしれない」というニュアンスで説明しろと言われていたな。

ハッキリ言って、入浴剤が給湯器に対して影響を与えないわけがない。

入浴剤の何が問題なのか

熱交換器は洗えない

例えば入浴剤を使用したお湯をその日のうちにすぐ捨ててしまうという場合は想像できないかもしれないが、そういう人は1日放置してみるとこの意味が分かるはずだ。

入浴剤には色々な種類があるが、大抵はぬめりなどが付きやすくなるし、入浴剤の種類によっては水を抜いた後のバスタブが滑りやすくなるようなものもある。

バスタブなら実際に目で汚れが確認できるし、ブラシで擦って汚れを落とすことも簡単だろう。

洗剤なんかも簡単に使用できるしな。

しかしこれと同じことが給湯器内でも起こっているのだ。

給湯器の中はブラシじゃ洗えないから、汚れを落とすのは難しいということになる。

銅と化学反応をするのはイオウだけじゃない

市販されている入浴剤には、必ずと言っていいほど「イオウは使っていない」と書かれている。

イオウなんか使ったら一発でアウトだ。熱交換器に穴が開いて、噴水の如く水が湧き出てくるだろう。

じゃあイオウ以外は大丈夫なのかという話になるのだが、そんなわけがない。

給湯器の熱交換器部分は銅、あるいはステンでできている。ガス給湯器ならほとんど銅だな。

銅と化学反応を起こすのがイオウだけかどうかって話なんだが、ハッキリ言って難しいことは俺にはよくわからん。

でも、腐った色をした10円玉なんかが、すべてイオウによるものかと聞かれたら絶対に違うということだけはわかる。

たぶん人間のあぶらとか塩とかでも変色したりするのだろう。

乳白色の入浴剤も危険

仮に塩などを使っていない入浴剤だったとしても、乳白色などの温泉系のにごり湯なんかは危険だ。

なにが危険かと言うと「給湯器の内部で沈殿する可能性がある」ということだ。

難しい話になるため簡潔に書くが、給湯器のふろ水通路部は内部で蛇腹のようになっている。ここに沈殿してしまうと上手くない。

あとはポンプの中に沈殿するとトルクが弱まることも考えられるし、サーミスタに付着したら設定温度通りにお湯が沸かないことも考えられる。

乳白色の入浴剤にも「イオウは使用されていない」と書かれているはずだが、給湯器を傷めてしまう可能性は十二分にあるから注意した方がいいだろう。

最後に

入浴剤を使った場合は「追い炊きしない」という方法で、そのリスクを回避できる。

あとはホームセンターなんかに行けば、電子レンジで温める湯たんぽのようなもので、風呂のお湯を保温できる便利グッズなんかも売られているから、どうしても入浴剤を使用したいというユーザーは、それを使ってみてはどうだろうか。

ぜひ、参考にしてくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする